忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(2009年12月19日  読売新聞)

 厚生労働省は18日、新型インフルエンザ対策として、タミフル、リレンザに続く第3のインフルエンザ治療薬「ペラミビル」(商品名・ラピアクタ)を1月にも承認する方針を決めた。タミフル耐性の新型インフルエンザウイルスが出現しており、医療現場での治療薬選択の幅を広げるのが狙い。
 また、厚労省はこの日、輸入を予定している外国製新型インフルエンザワクチン2種類も、1月中に承認する方針を明らかにした。
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/influenza/20091219-OYO8T00475.htm?from=tokusyu
PR
2009年 11月 4日 13:41 JST

 [東京 4日 ロイター] 塩野義製薬(4507.T: 株価, ニュース, レポート)は4日、インフルエンザ治療薬「ペラミビル」の日本での製造販売の承認申請を10月に行ったと発表した。
 新型インフルエンザ(H1N1)が流行するなか、第3相臨床試験の結果が得られてから約3カ月という、非常に短期間での承認申請にこぎつけた。
 「ペラミビル」は、米バイオクリスト・ファーマシューティカルズ社から導入、国内での独占的開発・販売権を塩野義が取得している。「タミフル」「リレンザ」に次ぐ、第3のインフルエンザ治療薬として期待されている。飲み薬の「タミフル」、吸入薬の「リレンザ」と異なり、「ペラミビル」は点滴注射薬であるため、重症患者や高齢者でも使いやすい点が特徴。
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-12275320091104
(26日 17:01)

 【ワシントン支局】米食品医薬品局(FDA)は23日、米製薬会社バイオクリスト社が開発したインフルエンザ治療薬「ペラミビル」について、新型インフルエンザ患者の一部に対する緊急投与を許可すると発表した。ペラミビルは点滴薬。FDAによると、新型インフル患者に点滴式治療薬の緊急投与を許可するのは初めて。
 FDAによると、薬を飲み込めない重症患者や、点滴以外の手段での薬の投与が効果を見込めないときなどに限って使用を認めた。「タミフル」や「リレンザ」を使えないケースなどを想定している。
 ペラミビルはバイオクリスト社が開発。日本では塩野義製薬が販売する権利を持っている。
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091026AT2M2601A26102009.html

 2009年10月15日: 昨日、会議での市民からの質問に答えて、FDAは、H1N1の重症患者を救う目的で実験的に抗ウイルス薬ペラミビルの緊急使用を許可するかどうか、近々、決定を下すことになるだろうと述べた。
 塩野義製薬と日本たばこ産業(JT)は欧米市場向け抗エイズウイルス(HIV)薬の開発を急ぐ。塩野義は2010年に最終段階の臨床試験(治験)に入る。JTの新薬候補も最終治験が進む。HIV感染者は世界で3000万人を超えるとみられ、増加傾向が続いている。ウイルスが既存の薬に耐性を持つ事態に備え、薬の種類を増やしておく必要があると判断した。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]