忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このブログは「ワクチンはいりません!」の複製です。
ログ専用サイトでコメントは管理していませんのでコメントはどちら様もお控え願いますことお伝え申し上げまする。
1.日本で接種が始まった当初から関係者にはわかっていました。効かないということが。

2.効果がないので1994年には小中学生への集団接種も中止されてしまったほどです。

3.効かないことは厚労省もわかっています。「流行対策がない」との批判を避けたいだけです。

4.インフルエンザ・ワクチンは血液中にしか抗体を作れず、のどや鼻には抗体ができません。ウイルスはのどや鼻から入るから感染はまったく防げないのです。当然「家族や周囲の人や乳幼児にうつさない」ということも不可能です。

5.インフルエンザ・ワクチンはもともと流行を予測して作られているだけ。そのうえに、インフルエンザ・ウイルスは日々猛スピードで形を変えるので効果は期待できません。

6.インフルエンザ・ワクチンは、製法上、弱い抗体しか作れません。殺したウイルスの、さらにその一部だけを使って作るので、体内で増えず、ウイルスの一部に対する抗体しかできません

7.高齢者の肺炎や乳幼児の脳症はインフルエンザとは無関係です。「かかっても重症化を防ぐ」も嘘。そのようなデータは全くありません。

8.「打っておいたほうがいい」どころか副作用があるから怖いのです。死亡者も出ています。打たないほうが安全だし安心です。そもそもワクチンは病原菌なのだし薬事法上は劇薬です。接種にはもっと慎重であるべきです。

9.効かないことを知っている医師も多いのですが、患者離れが怖いから言えないのです。

10.インフルエンザ・ワクチンは儲かるからなくならないのです。皆さんも、マスコミやお友達の言うことを真に受けずに、この本で真実を知ってください。

出典:母里啓子著「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」より



----------------

企業の正義、または目的とは“利益の追求”、この一点に尽きます。

自動車メーカは、性能や燃費、デザインや安全性などで他者と競い合い、
更に原価を極力低く抑えるようつとめ、利益を追求して行きます。
武器屋は、より殺傷能力や命中精度が高い爆弾やミサイルを作り続け、
消費者(国)に次を購入させるため、いつも世界のどこかで戦争が続いてます。

どちらも企業としての正義です。

食べ物屋が賞味期限を改ざんしたり客の残り物を使い回したりすると、
消費者に見切られ社会的な制裁を受けるように、
わたしたちの日常の中では、企業としての目的のみ追求出来ないように、
社会的な常識や人間としてのモラルが求められるようになっています。

----

日本国内では10月19日より“任意”でのワクチン接種が始まる予定ですが、
他の国では摂取を強制され、拒否した者は会社を解雇されたり、
または強制収容所に送られたといった報告もあるようです。

「感染拡大を防ぐため」といった大義名分を振りかざしておりますが、
これはとてつもなく異常な状態です。世界規模で何かが起こり始めてます。


インフルエンザが流行しないと、ワクチンは必要なくなる


インフルエンザウィルスとはそもそもなんなのか?
本当に鳥や豚から発生したものなのか?

このブログでは2005年ころから集めたニュース記事、ワクチンの危険性を
訴え続けて来た個人ブロガーや医療関係者からの情報を集めてます。
怖いのはインフルエンザではなくワクチンなのです。



2009年10月10日
 
「ワクチンはいりません!」

ブログ管理者一同
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
無題
by テストマン2号 2009/10/10 20:13 編集
テスト     
無題
by きのこ 2009/11/15 12:21 編集
すばらしい内容ですね。
わたしも読書感想文としてブログに書いたことがあるんですが
母里啓子さんの「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」をこんなに簡潔にわかりやすくまとめて書いてあって感動しました。
    
無題
by zack@管理人 URL 2009/11/16 00:45 編集
きのこさん

コメントを有り難う御座います。
母里氏の著書からは僕も多くのことを学びました。

実はごく単純な物事を敢えて難しい言い回しを使い
本来の意味を“誤魔化す”表現者が多い中で、
この本はとても名著だと思います。

ただ最近の世の中の動向を客観的に捉えたときに、
母里氏がワクチン拒否の象徴的な存在になりつつあることが、
個人的に少しだけ懸念しているところではあります。
    
無題
by 殊慧(しゅすい) 2009/11/24 12:11 編集
初めまして ←(ψ`⇔´)ψ

 四乃四四こと仏の痣を持つ真言密教僧の殊慧でし。
・゜゜・└(´〆。。〆`)┐ ウッシャッシャッシャッシャ
 ワクチンなんていらんすね。
 インフルエンザはイスラエル生物兵器開発企業ネス・ツィヨナ社ムンヤ・マルドックとバイオテクノロジー企業バイカル社最高科学責任者デビッド・C・カスロー博士(ユダヤ人)が作ったものですね~。
 今回のインフルエンザはマサチューセッツ州ドーチェスター米国陸軍細菌化学研究所(KBAR)とメリーランド州フォートデトリック米国陸軍化学細菌兵器研究所(CBAR)から盗まれたバイオ兵器。
 故に中国やロシアが発生源では無い。
 舛添元厚労省大臣が世界的なインフルエンザ流行を知りながら国民に注意をしなかったところを追求すべきです。
    
無題
by NONAME 2009/12/18 00:08 編集
上の殊慧さんの意見は何なのでしょうか。
古代エジプト時代からそれと思われる記録があるのに企業が開発したものって。。。
日本でも平安時代にそれらしき流行の記録も。

本来のコメントに戻ります。

このいいかたはあまりにも極論過ぎて反対させていただきます。

完全に要らないというのも言い切れません。
確かにしなくてもいいかもしれませんが、全くインフルエンザに対抗できない状態では感染してから体内で抗体が作られるまでに一週間以上かかってしまうのです。

実際は普段、あまり儲かっていないワクチンメーカーのことを知っていますか?
確かに接種者の死亡率と感染死亡者の関係をみた際に打たなくてもよいと判断によって集団接種は中止されています。
学校法人北里研究所は国内で四つしかいない国内メーカーの一つを担っていますが。
北里の医学部の教授がインフルエンザでは儲かっていない現実があると話しておりましたが。
ただ新型インフルエンザで現在の状況は違うとのことですが。
    
無題
by kiri 2009/12/18 02:44 編集
ホントあの手この手でワクチン打たせたいわけですね。
何々、ワクチンで儲けてない?
それが何だってのさ。
ワクチンって何か知ってる?
そういうこと考えようってサイトなのね、ココ。
理解してる?
ワクチンメーカー擁護とか、ホントどうでもいいです(><)

それと、免疫力上げて、防疫を心がけること!
病気は大体それでいいの!
なぜその手の研究がでてこないの?
そういう研究がでてこないから、
>全くインフルエンザに対抗できない
なんて思うんです!
もう、うんざり。
抗体作るのに一週間?なにそれ?
僕は風邪なんか一日で治しますよ。
人間の体は機械的な抗体工場じゃないですから。
勉強してヨ、お願いだからさ。
政府とか医薬企業に甘えるのいい加減にして。

あと、ワクチンそれでも打ちたいなら、打てばいいから。
あなたと、あなたの子供と、親類縁者が被害こうむるだけだから。
もちろん、ワクチン打ったあとで近づかないでね☆

P.S.四乃四四さんの事知りたければ彼のサイトを見ればよし。
ナナシー君のように誰彼かまわず喧嘩吹っかけるようなら
工作員第二号として処理しますから、その御心算で。
    
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]