忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

The Great HPV Vaccine Hoax Exposed



マイク・アダムス(ヘルスレンジャー、ナチュラルニュース編集者)

By Mike Adams
NaturalNews.com
2007年
PR
NHKニュース 12月22日 7時34分

女性特有のがんのうち乳がんに次いで患者の多い「子宮頸(けい)がん」を予防するワクチンの販売が、22日から国内で始まります。予防には、半年間に3回の接種が必要だということで、患者団体などは、国に対し、接種費用を公費で負担するよう訴えています。

子宮頸がんは、子宮の入り口付近に出来るがんで、ウイルスへの感染が主な原因とされています。このウイルスへの感染を予防するためのワクチンが、国内では、ことし10月に初めて承認され、22日から販売が始まることになりました。販売が始まるのは、イギリスに本社がある製薬会社グラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」と呼ばれるワクチンで、海外では、すでに100か国以上で承認されています。がん研究振興財団によりますと、国内では、1年間におよそ8000人が子宮頸がんと診断されているとみられています。予防には、半年間に3回の接種が必要だということで、患者団体などは、国に対し、接種費用を公費で負担するよう訴えています。子宮頸がんのワクチンを接種できる医療機関は今後製薬会社のホームページに掲載されています。
http://allwomen.jp/

http://www.nhk.or.jp/news/t10014577351000.html
TBS Newsi(06日17:25)

 がんの中で唯一予防出来る子宮頸がん。その子宮頸がんの知識を深め、予防ワクチンの接種を推進するためのシンポジウムが開かれました。
 「早期発見と早期治療のために検診と予防で1人でも多く、私のように悲しい思いを、つらい思いをする女性が減ることを願ってやみません」(仁科亜季子さん)
 20代から30代の若い女性で急増している子宮頸がん。6日のシンポジウムはこの子宮頸がんの正しい知識を深め、予防のためのワクチン接種を推進するために開かれたもので、女優の仁科亜季子さんらが参加しました。
 ウイルス感染が主な原因の子宮頸がんは、毎年およそ8000人が発症し、およそ2500人が死亡するとされていますが、今年10月に承認された予防ワクチンを接種することで防ぐことができるとされています。
 この病気を克服した仁科さんは自分自身の闘病記を語るとともに、子宮頸がんの早期発見・早期治療や予防ワクチンの接種を呼びかけました。

http://news.tbs.co.jp/20091206/newseye/tbs_newseye4302065.html

※こちらの記事も併せてお読みください
2009年11月3日 読売新聞

 子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するワクチンの製造販売が10月、国内で初めて承認された。若い女性に多いがんの予防につながるとして期待される一方、接種費用をどうするかなど課題も残る。

 東京都内に住む米澤(よねざわ)伸子さん(32)は2年前、子宮頸がんと診断され、子宮と卵巣の摘出手術を受けた。ワクチン承認のニュースを聞き、「私のような女性がいなくなるよう、1人でも多く、若いうちにワクチンを接種してほしい」と話す。

 子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんで、性交渉でHPVに感染することが原因で発症する。感染しても自覚症状のない人も多く、発症は感染後5年から10年以上経過してからのこともある。日本では年間1万人以上が発症し、3500人が死亡すると推定されている。性交を行う年齢の低年齢化を背景に、この20年ほどの間に、20~30歳代の発症者・死亡者が増加している。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]