忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【PJニュース 2009年11月14日】スーダン南部で、深刻な症状を引き起こす寄生虫病「カラアザール」が大流行している。これを受け、国境なき医師団(MSF)は、ジョングレイ、上ナイル両州の数ヵ所で緊急対応に当たっている。ピボールとランキエンにあるMSFの医療施設で患者の治療を行い、ロムでは、移動診療チームを組織して、患者の積極的な発見に努めている。


貧しく情勢が不安定なへき地で猛威を振るう病

スーダン南部で活動するMSFのデビッド・キディンダ医師は語る。「カラアザールに感染した人びとは、治療を受けないとがい骨のようにやせてしまい、免疫力がすでに弱くなっている場合は、数週間で命を落とすこともあります。また、スーダン南部では、住民の4分の3近くが基礎的な医療さえ受けられない状況にあり、時間と競争しながら、患者との接触を図っています」
 
Mogadiscioの東、約90キロメートル先のWarsheekの街にて
少なくても27人の主に子供達は水様性下痢で過去24時間以内に死亡した

【8月6日 AFP】(一部更新)中国北西部の青海(Qinghai)省海南チベット族自治区(Hainan Tibetan Autonomous Prefecture)の興海(Xinghai)県Ziketanで発生した肺ペストで6日、初期検査の結果、最初に死亡した牧畜業の男性の飼い犬が感染源とみられることが明らかになった。中国国営新華社(Xinhua)通信が、地元当局の情報として報じた。

 報道によると、飼い犬がペスト菌に感染したマーモットを食べて死亡し、この犬を埋葬する際に飼い主の男性に感染した可能性が高いという。男性は、犬を埋葬した3日後に死亡した。

 肺ペストは空気感染で感染が拡大しやすく、当局は厳しい隔離措置を取って住民の移動を禁じ、道路に検問所を設けて監視している。ただ、5日の新華社報道によると、興海県では感染を恐れる住民らが相次いで町を脱出しており、AFPの電話取材によると、検問を避けて徒歩で避難しているという。実際に隔離地域を脱出した住民がいるかどうかは不明。また、町中は大半の店がシャッターを下ろし、住民は家にこもっており、ゴーストタウンのようだという。

 これまでの感染状況は、1人が重体、ほかに7人の感染が確認されている。感染者の多くは最初の死者の親族だという。興海県は省都西寧(Xining)から南西に約200キロ。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2628313/4430145

医者がストライキをするとどうなるか?
医者が患者をだますとき/Robert S. Mendelsohn
(原題:Confessions of a Medical Heretic)/弓場隆 訳、草思社
から

(管理人コメント) 誰もが想像もしない結果であったに違いない。
医療事故死は年数万人”という推定と併せ考えると、
実に整合性のとれた”事実だ”。

| HOME |
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]