忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 (注※ ICUに入っていた人たちが投与された薬の可能性も)

米国のJournal ofRoentgenologyで10月14日オンラインで発表された調査によると、コンピュータ断層撮影(CTスキャン)を使った研究で、H1N1の重症患者が肺塞栓(PE)を含む合併症を発症していることがわかった。調査は12月のAJRでも報じられる予定。
 肺の1つ以上の動脈がブロックされると肺塞栓が生じる。その状態は致命的になり得るが、もし積極的に、抗凝血薬(blood thinners)を使えば死亡リスクを低減できる。
ミシガン大のMichigan HealthServiceでの研究では、H1N1と診断された66人の患者を対象に行った。2つの研究グループが作られ、1つのグループではICUを必要とする14人の患者から構成されていた。グループ2では、重症でなくICUを必要としない52人の患者から構成された。
66人の患者全員が探知のため胸部レントゲン検査を受けた。ICUグループから10人、外来患者グループから5人がCTスキャンを受けた。肺塞栓が14人のICU患者のうち5人に見られた。
Prachi P.Agarwal博士(調査の筆頭著者)は「調査はH1N1の重症患者がPEを発症するリスクがあることを示唆しています。それは造影剤増強CTスキャンで注意深く走査するべきです。」と述べた。
また博士は「来るべきインフルエンザシーズンにおいて、ウイルスの潜在的な合併症と同様、放射線学的特徴に関する知識は重要です。
CTスキャンはH1N1のより深刻な合併症を特定する際に有効であり、胸部X線よりも広範囲に病気を特定できます。」と述べた。


(注※ やはり「H1N1の合併症」というふうに誤魔化しています。何が原因であるかは明らかに出来ないのでしょうか)
元記事

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2009-10/arrs-css101309.php
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]