忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニューヨーク市の看護婦がワクチン接種後ギランバレー
 1人の看護婦がワクチン接種を受けて2週間後に、麻痺を起こすこともある珍しい神経障害に罹ったと、水曜日、ニューヨーク州保健当局が認めた。
 身元が明らかにされていない女性看護婦はギランバレー症候群と診断され、9月14日からロングアイランドのNorth Shore大学病院に入院していたと当局は述べた。
Michelle Pinto(North Shore-LIJ Heath Systemの広報)は「ギランバレー症候群の患者がいますが、その原因について結論はでていません」
ニューヨーク市に在住するこの看護婦は”治療の効果が表れ、状態は改善しつつある”と州保健局の広報局長Claudia Huttonは述べた。
Huttonは、医師たちは、8月31日のワクチン接種との関連性は証明できていないと述べ、季節性インフルエンザワクチンを受ける前にインドに旅行していたことを付け加えた。 
過去、ギランバレー症候群は、1976年に特に豚インフルエンザのワクチンと関連付けられていた。しかし、保健省のウエブサイトの今年のワクチンに関する情報によれば、インフルエンザとの関係はそれ以降、はっきりしていなかったという。
しかし、ワクチンの副反応に関する懸念は残っており、ニューヨーク州の看護婦らによって、季節性と豚インフルのワクチンを全ての公衆衛生従事者に義務的に課すという命令に反対する訴訟が持ち上がっている。
10万人に1人がかかるというギランバレーの原因はわかっていない。それにより、早い動作ができなくなり、一般的に足の神経反射と呼吸器系が障害となり、時に完全な麻痺を誘発する。
ニューヨーク市の保健当局は彼らが、CDCとの共同調査に参加していると述べたが、その調査結果の詳細を明らかにすることを拒否した。
神経不全と発作の全国学会によれば、通常ギランバレーは患者が呼吸器か胃腸へのウイルス感染の症状が現れた後、数日か数週間後に発症するという。
しばしば、手術やワクチン接種がその症候群のトリガとなっている。
ニューヨーク州では、1年に平均200から300人が、その症候群にかかるが、ほとんどは回復していると保健当局は述べた。



元記事

http://www.nbcnewyork.com/news/local-beat/City-Nurse-Stricken-With-Rare-Syndrome-Following-Flu-Shot-64262762.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]