忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 科学者たちによると、2009年のパンデミックの影響を受けた者は、鳥インフルエンザに対する若干の免疫性を持つことになるかもしれないという。
この主張は、H1N1パンデミックに密接に関係している”豚のインフルエンザ”に感染した豚が、鳥インフルエンザに対し、免疫性を現わしたというVaccineで出版された研究論文により導かれたものである。

 論文の著者Kristien Van Reethは「我々は人間においても同様の結果が起こりうると見ています」とEmerging Health Threats Forum Newsに語った。
研究者は、25匹の豚をH5N1鳥インフルエンザに感染させた。そのうちの12匹は4週前に豚のH1N1ウイルスに感染していた。
H1N1ウイルスに感染していた豚には、感染の症状は見受けられず、H5N1にのみ感染した豚には、鳥インフルエンザの症状が見られた。
「それに加え、気道でのウイルスの感染に対抗する強い防御がみられました」とVan Reeth。
両方のウイルスに感染した10匹の豚の内、3匹において気道組織からウイルスが分離された。対照的にH5N1のみに感染させた豚では、全ての豚からウイルスが分離された。これらの免疫反応は2年間継続していたとVan Reethは付け加えた。

人間における免疫
メリーランドのJohn Hopkins Bloomberg School of Public HealthのAndrew Pekoszは、類似したものが、人間においても見られる十分な可能性があるという。
「本論文のデータは、H1N1に曝露された後に、H5N1への若干の免疫性を持つ可能性を示唆しています。」ただしPekoszは正確な防御レベルはわからないという。
しかし、著者によって記述された反応に関与したと思われる免疫システムの一部は、明らかに、感染を制御し、重症を防いだことと関係している。
このことにより、パンデミックの豚インフルエンザに罹った人は、鳥インフルエンザを患う怖れは依然あるにしても、その人の免疫システムは重症化を防ぐ可能性があるとPekoszは推測している。

Kristien Van Reethの論文
http://www.eht-forum.org/news.html?fileId=news091023064653&from=home&id=0


(注※ つまりH1N1ワクチンを打てば鳥インフルエンザを防げる”かもしれない”と言いたいのですね。鳥インフルエンザ?え?いまどこに鳥フルが流行ってる?・・・・・ワクチンを売りたくて仕方ないのでしょうね。彼らはそのために鳥フルウィルスをばら撒くかもしれないですね。バクスターが以前そうした様に!)
元記事

http://www.worldpoultry.net/news/pandemic-flu-may-protect-against-bird-flu-4469.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]