忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ベルリン-ワクチン懐疑論者と闘っている当局者月曜日、先週A(H1N1)インフルエンザワクチン接種後直ぐに亡くなったドイツ人男性は心臓発作で倒れたことを明らかにした。
 ドイツは予防接種を希望する8,000万人の国民の多くに無料で提供するために新型インフルエンザワクチンを5,000万人分購入している。
 社会やメディアの間で、ワクチンが有益か有害かという古くて感情的な論争が燃え上がっている
 衛生当局は、木曜日にEichsfeldの東部の町に住む55歳の男性がワクチンを腕に接種した5時間後に亡くなったとき、直ぐに検死の手配をした。男性は予防接種のあとボウリングをしていたが、身体の不調を訴え、救急医を呼んだ。
 政府の医事官Judith Rahrigは、病理学者が月曜日になって、男性が進行性の心臓発作を起こしていて、恐らく予防接種の前からその発作が始まっていたことも発見したと発表した。
注射とは関係ありませんでしたと彼女はThuringia州政府で答えた。
 救急医は男性の命を救うことは出来なかった。
 医療センターでドイツのプロワクチングループがこぶしを突き上げて気勢を上げる中、反ワクチン団体は、ワクチンが危険な量の水銀を含んでいるとか、ワクチンは命取りになる危険性があると主張した。
 世界保健機構(WHO)は長期間のテストの結果、ワクチンは安全で副作用も非常に少ないと言っている。ドイツは先月から予防接種を開始した。今までの所、医師たちは高い需要にこたえ続けることが出来ないでいる。
 先週は65歳のドイツ人女性が予防接種の直ぐ後に心臓病で亡くなったが、検死を担当した医事官は予防接種が死因ではなかったと発表した
 Thuringia州代表は、ドイツ国民はA(H1N1)インフルエンザウイルスがワクチンよりも健康と生命にとって遥かに危険であることを考慮するべきであり、感染を広げる病気によって16名の人がドイツで亡くなっていると述べた。


(※ワクチンがそんなに好きなら、苦いものを飲みつづけて下さい)
元記事

http://www.monstersandcritics.com/news/health/news/article_1513691.php/Heart-attack-not-vaccine-kills-German-55-Roundup
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]