忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 新型インフルエンザの予防接種を受けた10代の男子生徒が手足のまひ症状を見せ入院した。保健当局が現在、ワクチンとの関連性を調査している。
 新型インフルのワクチン接種後、重症の異常反応が報告されたのは初めてだ。
 保健福祉家族部インフルエンザ対策本部は22日、「京畿道に住む16歳の男子生徒が今月16日、新型インフルエンザの予防接種を受けた後、筋肉の弱体化とまひ症状を特徴とするギラン・バレー症候群の疑いが見られ、治療を受けている」と発表した。
 対策本部によると、この患者は今月16日に予防接種を受けた直後、目まいや立ちくらみを訴えた。二日後の18日午前、手足の筋力が弱まり入院し、その後症状はやや回復した。
 ギラン・バレー症候群は10万人につき1.6人が発病する。ワクチンの副作用で発病する同症候群の場合、100万人に一人程度だ。大半は2カ月から18カ月以内で完治するが、患者の15-20%は後遺症が残り、5%前後は呼吸障害で死に至る。
 世界保健機関(WHO)によると、現在まで40カ国余りで6500万人が新型インフルのワクチンを接種した。ワクチン関連のギラン・バレー症候群は約10件報告されているが、すべて回復した。


元記事

http://www.chosunonline.com/news/20091123000018
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]