忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ノルウェーの公衆衛生研究所は11月20日に3件の重症例に関係したウイルスの変異を検出したと報告した。ノルウェーでの6件の死亡例を含む、およそ70件の感染者についてシーケンス解析が行われた。
3件の変異したウイルスは、最初の2件の死亡例と1人の重症の呼吸器疾患の患者から分離されたものである。2件の死亡例は、疫学的に関連性はなく、7月と8月に死亡したものである。
現時点で得られている情報に基づけば、ノルウェー国民の間で、循環はしていないようであるが、重症患者において自然発生的に変異が生じた結果である可能性がある。[1]

WHOは、ノルウェーのレポートに対するコメントにおいて、世界的に、類似した変異が、いくつかの他の国のウイルスで検出されており、最も早く検出されたのは4月であると報告した。

ノルウェーに加え、変異は、ブラジル、中国、日本、メキシコ、ウクライナ、米国で検出されている。[2]

1. http://www.fhi.no/eway/default.aspx?pid=233&trg=MainLeft_5669&MainLeft_5669=5544:81363::0:5667:1:::0:0

2. http://www.who.int/csr/disease/swineflu/notes/briefing_20091120/en/index.html

ECDCのコメント:
アスパラギン酸(D)からグリシン(G)へのポジション222(H3ナンバリングでは225)での血球凝集素HA1遺伝子のアミノ酸の変化が観測されており、受容体結合特性に影響し、その結果、ウイルスの病原性に影響を及ぼす可能性がある。

これによれば、変異したウイルスは、より気道の深い部分を感染する恐れがあるが、受容体結合性はまだ決定的ではない。現状では、ウイルスの生物学的特性に関して、この変異の結果についてのエビデンス(証拠)はない

加えて、変異したウイルスの受容体結合性が、より深部の気道に適合しているのであれば、「人-人」間で容易に広がる恐れは減ることになる。
この発見を説明しうるものがあるとすれば、それはウイルスの変異に適応性があるということである。現時点では、循環しているA(H1N1)ウイルスの毒性に変化の徴候は見れらていない。

この変異したウイルスは、、オセルタミビルとザナミビルに対しては依然反応している。研究によると現在利用できるワクチンで保護可能とのことである。

特に重症例においてウイルス学的モニタリングを続け、変異と感染の臨床結果とのいかなる潜在的関連性をも解明することが必要である。 


(※いかなる潜在的関連性をも理由としてワクチン接種させたい、と)
元記事

http://www.ecdc.europa.eu/en/healthtopics/Documents/091123_Influenza_AH1N1_Situation_Report_0900hrs.pdf
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]