忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 来月、豚インフルの予防接種が始まると、接種を受けた者の内、何人かは、心臓発作や脳卒中で死に、何人かの子供のは発作を起こし、妊婦の一部は流産することになる。
しかし、そういったことすべてが、必ずしもワクチンに関係しているわけではない。
それは、連邦当局が、広報活動を行う上での難題となる。連邦は、1976年の大規模なワクチン接種の運営において、死や病気がどれほどセンセーショナルに報じられていたか思い起こすことになるだろう。
今回連邦は、そのような出来事に迅速に反応し、神経質な大衆や、見出し記事を狙うジャーナリストに、ワクチンのせいではないことを示し安心させようとしている。
 毎年、米国では、110万人の心臓発作、79万5千人の脳卒中、87万6千人の流産、20万人の発作がある。必然的に、これらが予防接種後、数時間あるいは数日中に発生することになる。
「偶然に起こる死を想定しておくのは正しい。予防接種の有る無しに関わらず、毎日、人は死ぬ」とHarvey V. Fineberg博士(1976年のワクチンキャンペーンの歴史:”大流行はなかった”の共著)
政府は、特に、最初に、妊婦にワクチン接種を受けるよう要請しているため、流産のことに気を使っている。
妊婦は、通常インフルエンザの合併症のリスクが高いため、予防接種を受けるよう勧められているが、今年はとくにそのプレッシャーが大きい。
「米国では、1日に2400件の流産があります。」とJay C. Butler博士(CDCのインフルエンザワクチンチームのチーフ)
「いずれにしろ、そうしたことが起こります。しかしワクチンは流産の原因ではありません。ワクチンはまた、自動車事故の原因とはなりませんが、事故は起こるのです。」
1976年の接種キャンペーン(最終的に4千5百万人が接種された)の初日に、3人の初老のピッツバーグの住民が、同じ診療所で接種後まもなく死亡した。
学者たちは、それは異常な偶然の出来事の1つだと考えたが、ニュース報道では、ワクチンによる死亡と示唆された。
報道陣の熱狂は激しく、偶然の出来事をセンセーショナルに扱うため、Walter Cronkiteはテレビで非難報道を行った。」とDavid J. Sencer博士(その当時のCDCの責任者で2006年にワクチンキャンペーンの回想を記している)
2か月後、ギランバレー症候群に罹ったワクチン接種者の報告が行われた。それは、体の免疫系が神経を攻撃し、一時的あるいは永久に麻痺状態を引き起こし、時に死に至ることもある。
その調査のため、キャンペーンは中止された。今なお、ワクチンが、その年のギランバレー症候群の増加の原因になっていたのかどうか、専門家たちの意見は一致していない。そしてCDCは今年、報告のため臨戦態勢をとることにしている。
いくつかの研究では、インフルエンザワクチンを接種したもの、インフルエンザそのものに罹っている者、ある種の細菌に感染しているもの、(Sencer博士の論文によると)稲妻に打たれた者が、より影響を受けやすいとされているが、ギランバレーの真の原因は不明のままである。
いずれにせよ、1976年には豚インフルの流行は起こらなかったため、ワクチンキャンペーンは再開されることはなかった。


(注※ この記事はジャーナリストを批判しているのか、ワクチンの危険性を述べる”専門家”を批判しているのか、…わざと曖昧に書いてますね。さらに、ちゃっかり大衆を「衆愚」として扱っているように感じます。一部の薬品会社に迎合的な”博士”(どこの馬の骨とも分からない)たちの言葉ばかりを引用して大衆を洗脳しようとしているのがミエミエです。ちなみに1976年のワクチンを打たなかった人は豚インフルにかかりませんでした

当時の宣伝模様↓(加熱しているのは当時も今も「ワクチンを打たせるようにする」報道です)

元記事

http://www.nytimes.com/2009/09/28/health/policy/28vaccine.html?_r=2&ref=health
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]