忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

What is in there? Photo: DPA

Government to get special swine flu

 1週間後、ドイツ軍は一般人とは異なる豚インフルエンザワクチンを接種される。Der Spiegel誌は政府に対しても、また特別な措置が取られると報じた。
一般人はグラクソ・スミス・クライン(GSK)のPandemrixと呼ばれる、新型のブースタ(アジュバンド)を含み、また水銀を防腐剤として含有するワクチンを接種される。
 論争はGSKのワクチンが、ライセンスの早期承認を得たことから始まった。また同様のことがノバルティスにも当てはまる。批評家たちはヨーロッパのライセンス管理当局が早期承認し、十分なテストが行われていないと述べている。

アングラ・メルケル首相、閣僚と省の公務員や他の機関で働く者には、アジュバンドや防腐剤を含まない米国バクスタ製のCelvapanが接種される。 アジュバンドは、患者により強い反応を引き起こすと考えられ-ある程度というのが重要であり、ワクチンに含まれるウイルスが少なくても免疫システムに決定的な反応を引き起こすことができる。

しかしこれはまた、ある意味、追加リスクがあることを示している。-そのため伝統的なタイプのワクチンが妊婦や、幼児のために備蓄されることになった。

Celvapanは、アジュバンドや防腐剤を含まず、伝統的なワクチンより、むしろ完全な不活性ウイルスを含んでいる。 バクスタバージョンは、軍隊、妊婦、幼児に与えられる。現時点では大臣、公務員もそのカテゴリに入っているという。

「我々は、バクスタ社から非アジュバンドのワクチンCelvapanを20万回分購入している」と内務省のスポークスマンはDerSiegelに語った。 ”それは社会秩序の維持に対し責任ある公務員に使われる”とDerSiegelは報じた。

閣僚と公務員の次のメンバとしてパウル・エールリッヒ研究所のスタッフも含まれる。彼らは、国の残りの者たちのためにGSKのワクチンを発注する決定を下した。 なぜ研究所のスタッフが、GSKよりバクスタのものを受けるべきなのかという問いに露骨な理由が与えられた。

ドイツ医師会の薬物委員会長ヴォルフ=ディータールートヴィヒは、この状況はスキャンダルだと述べた。”ワクチンキャンペーンに不満を抱いています。”その重要なポイントは知らされていなかった。 ”保健当局は製薬会社によるキャンペーンに屈し、仮想の脅威によって金を得ようとしている。”と述べた。

一部の医学協会はメンバに新ワクチンを投与しないよう勧めている。German Association of General and Family Medicineの社長マイケル・コーへンは、ドイツの医師たちにそれを患者に与えないよう呼び掛けた。

”リスクが利益を上回っている”と彼は述べた。

小児科協会長ウォルフラムハートマンは、政府が間違った科学的説明をしていると訴えた。彼は3歳未満の子供は、ワクチン接種をするべきではないと述べた
”子供に関してワクチンの治験がされていません。使用するのはあまりに危険です。”と彼は述べた。

子供の免疫系は過剰に反応しがちであり、アジュバンドにより悪化することが考えられると付け加えた。 彼は水銀を含む防腐剤の使用についても批判した。”意図的に小児用のワクチンから排除しているケースもあります”


元記事

http://www.thelocal.de/national/20091018-22649.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]