忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鹿児島県30代女性 タミフル投与

▼新型インフルで看護師死亡 ワクチンは接種済み [09/11/25]
 鹿児島県は25日、新型インフルエンザに感染した同県の30代の女性看護師が死亡したと発表した。脳動脈瘤と甲状腺機能低下症の基礎疾患(持病)があった。インフルエンザ用ワクチンは季節性、新型ともに接種済みだった。
 県によると、死因はインフルエンザ脳症。21日に高熱とせきのため受診し、簡易検査で陽性だったためタミフルを処方されたが、翌日から症状が悪化した。職場の同僚や受け持ちの患者、看護師の家族には症状が出ている人はいないという。
http://www.47news.jp/CN/200911/CN2009112501000514.html
▼看護師死亡 先月ワクチン接種
 新型インフルエンザに感染した鹿児島県の30代の看護師の女性が、25日午前、インフルエンザの脳症で死亡しました。この看護師は、先月下旬、優先接種の対象となっていた医療従事者として新型インフルエンザのワクチンを接種していました。
 鹿児島県によりますと、死亡したのは鹿児島県東部の大隅半島に住む30代の看護師の女性です。この女性は今月21日に発熱やせきの症状を訴え、近くの医療機関を受診して治療薬のタミフルを処方されましたが、その翌日に症状が悪化し心肺停止状態になりました。そして、24日、新型インフルエンザに感染していることが遺伝子検査で確認され、25日午前4時ごろ、インフルエンザの脳症で死亡しました。
 この女性は、先月下旬に、優先接種の対象となっていた医療従事者として新型インフルエンザのワクチンを接種していました。女性には、脳動脈りゅうなどの持病があったということです。
 鹿児島県は「ワクチンの接種による影響はわからない」と話しています。インフルエンザ脳症に詳しい岡山大学の森島恒雄教授は「ワクチンを接種したあとに脳症で死亡するケースは、季節性のインフルエンザでも報告されている。ワクチンは重症化を100%防げるわけではないが、全体としては重症患者の数を減らす効果があり、接種したほうがよいことに変わりない。そのうえで、手洗いなどで感染を予防することが大切だ」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/t10014006781000.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]