忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


この方法は風邪の初期からコジれた型まで、また腰型の風邪にいたるまで、すべてに応用できる究極の方法といえます。方法は上の写真の①と②の部位にカイロをあてるだけです。ビックリするほど効果があります。

・背中ゾクゾク型 → ①の所にあてる

・腰の冷え冷え型 → ②の所にあてる

・背中と腰の冷え込み型 → ①と②の両方に応用してください


注意:一日中つけっ放しで構いませんが、低温ヤケドをしないように必ず肌着ごしに温めてください。また、(身体の)寒気の強い時は肌が鈍感になっているので、温め過ぎてヤケドしないよう注意してください。


風邪を制する者は万病を制する

西洋医学は風邪を軽視する。
そして、たび重なる風邪のくり返しによって、患者も医者も気づかないでつくりあげた難病や慢性病に、まったく別な病名をつけて、治った治らぬと格闘しているかもしれないのだ。風邪を制する者は万病を制する。少なくとも百病は防げるのである。年中、風邪状態が続いていると体質が異常になり、困った病気を生みかねない。くれぐれもご注意。

いまや日本は長寿世界一の国となった。しかし、このデータを支えている老人たちが、すべて戦前生まれであることを忘れてはいけない。食事の変化と冷暖房の普及……このふたつは日本人の体質を変えつつある。

以上

【出典】井村宏次著:気の医学


イメージ的には、背骨ラインの氣流の本線を温めることによって、人間の生体エナジーに外部から“燃料をくべる”といった感じでしょうかね。僕の廻りで「風邪を引いた」とか「調子が悪い」といった声を聞くと、真っ先にこの「カイロ療法」を伝えます。そして皆がその“ビックリするような効果”を感じてるようです。

風邪やインフルといった病に伏したときのみならず、冷え性の方や肩こりなどに悩まされている方にも、是非オススメさせて頂きます。
※重ねて、低温ヤケドには要注意。

管理人=zack
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
無題
by yuko 2009/11/12 06:04 編集
寒気があるとき、胸椎9番に息を吐いて温めるのも気持ちいいですよ。
肩甲骨の下端を結んだラインが胸椎7番なので、その2つ下です。そこだけ空けるように両掌を当ててハア~~と息を吐き出します。3~4回でかなり温まります。
掌を当てるのは、口が直接当たらないようにする為。
    
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
ヒトパピローマウイルス 検査
URL 2009/11/21 04:27
がん治療を考える総合サイト子宮頸がんは、主に性交渉によってヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで発症。いったん感染しても多くの場合、自らの免疫力で排除できるが、何らかの原因で長期間持続したときにがん化する可能性が高くなる。国内では年間1万
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]