忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

部屋の加湿は良くない

「ぬれマスク」は、木綿ガーゼのマスクを軽くぬらして、上方3分の1ぐらいを折り曲げて鼻の下に当てる方法。 これなら、呼吸も苦しくないし、寝ている間に外してしまうことも防げます。

著者の臼田医師(歯科医)によると、部屋を加湿することは良くない方法で、それよりも「ぬれマスク」がお奨め。その理由は、部屋の加湿によってカビやダニの温床となり、これらがハウスダストになってアレルギー疾患を引き起こすからです。

「ぬれマスク」は、著者ができるだけ調べた結果実際に効果があるし、著者自身、風邪を引きにくくなったし、引いても早く治ると述べています。これは、私にも同様に当てはまる体験です。
寝ている間の簡単な対処法でカゼは予防できる
 
カゼ対策には第一にウイルス感染しなければよいのですが、普段の生活の中で、外出を避けたり、家族に会わないようにすることは難しいもの。すると多かれ少なかれどうしてもウイルスの危険にさらされることになります。カゼウイルスは上気道の、主に鼻の粘膜に、インフルエンザウイルスはさらに奥まで感染し、増殖しますので、それらを洗い流してしまうことは容易ではありません。たしかにうがいはある程度有効なのですが、さらにさらに効果を上げるために、私は温かいお茶を口に含んでぶくぶくさせてからゴックンと飲みこんでしまう方法をすすめています。感染力、繁殖力ともに強力なインフルエンザウイルスであっても胃の中で強い酸性の胃液にさらされれば、ひとたまりもありません。

なるべく感染しないようにするのにこしたことはありませんが、もらったウイルスは胃の中へ送って殺してしまう、この2つでカゼの発症をかなりの部分抑えられます。そして先ほども述べた通り、カゼのウイルスは夜寝ている間に繁殖しますので、最も大切なことはその時間帯のカゼ予防。

これにはぬれマスクがもっとも効果的。お湯でしぼったマスクを口の上にだけ装着して休みます。乾燥した空気に水分を与えられ、それを吸い込むことによって上気道が乾くのを防ぐのです。

また、枕元には温かいお茶を入れたポットを常備しておきます。夜中、目が覚めたときにブクブク、ゴックンすれば、上気道がきれいになるだけでなく、食道を通るお茶が、それに隣り合った気管を温め、せきを鎮めてくれます。

もうひとつ心がけたいのが鼻呼吸。鼻呼吸によって運ばれる酵素は鼻粘膜やのどの交感神経を刺激することがわかりました。カゼの急激な発症を避けるためには、ぬれマスクによって鼻呼吸を促進させ、上気道の交感神経をある程度刺激するとよいのです。

薬を否定するわけではありませんが、使うなら症状がきついときに限ること。症状が治まったら服用を控えるなどけじめをつけたほうが体のためにも安心です。何より、普段の生活習慣を規則正しくすることを心がけてください。

ぬれマスクとお茶でカゼ対策はバッチリ!

寝ている間のぬれマスクとお茶のブクブク、ゴックンでカゼ退治。お茶は、麦茶、ほうじ茶など、カフェインの少ないものを選んで。また、カゼのひき始めから終わりまで、鼻づまりのときにはお風呂が有効。入浴すれば鼻の通りがよくなり、鼻呼吸が促され、交感神経が刺激されて気分がスッキリするのです


【転載元】
■「ぬれマスク先生のここがおかしい風邪の常識」 寝ている間の「嚥下」低下に反比例してウィルスが増加その対処法 鉄人
http://www.asyura2.com/0505/health10/msg/623.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]