忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すべての親が知るべきこと
   【 危 な い ぞ 予 防 接 種 】
             イギリスからのメッセージ
  レオン・チャイトー著   毛利子来監修  藤井俊介訳
社団法人  農山漁村文化協会  発行
(本文より)☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
「ジフテリア」の毒素と抗毒素は、腐敗しかかった馬の血液から作り出される。
「百日咳ワクチン」は、百日咳に罹患している子どもの咽喉の粘液から得られる。
「腸チフスワクチン」は、腸チフスで死んだ人からの腐った排泄物から作り出される。
「ソークポリオ血清」は、ポリオにかかった猿の腎臓から得られる。
「インフルエンザワクチン」は、感染した腐った卵から作られる。
(注、豚のインフルエンザに用いて効果なく、被接種者に恐ろしい副反応をもたらす、信頼できない)

・・それにしても、ワクチンの原材料はよく熟視すると、まったく吐き気を催すようなものが多い。

・・自然に起こる多数の細菌性の感染は内臓への攻撃で始まるが、予防接種では通常血液を経由して異物を侵入させるのである。この間の差は、蛇の毒液を摂取してもまったく何の効果もないが、これを血液中に入れると大変な毒性を発揮することと比べると明白である。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

このような人体にとって異物となるものを体に入れるとしたら遅かれ早かれ異常が起こらない方が不思議である。どんな方法であってもこの異物は将来病気を引き起こす原因となるのは明白であるから、予防接種そのものが『病気の予約をする』ということになる。これらのワクチンは形は違うが、いずれも“毒素”であることは間違いない事実で、体に毒素を入れるとしたら危険な存在となるのは当然だ。それで『予防接種そのものが“危ない”』のである。
                               
医学は伝染病を非常に恐れるが、これは非常に迅速であり、かつ強烈に起こる浄化作用が多いからであろう。ちょっと間違った逆療法を施しただけでもたちまち斃れることになるから怖いのである。伝染病でなくても、例えば盲腸炎になったとき、冷やすと危険になるのは逆療法だからで、脳溢血でも頭脳を冷やすと危ない等、強烈な自然の浄化作用に対して反自然療法を行う事はその反動も大きいのである。

それにもまして浄化を止めようとして薬毒を入れるとしたら、それ自体がもう危険な自殺行為となるのだから、伝染病そのものよりも薬毒で斃れる者が多いとしたら、治病法の方が恐ろしいということになる。僕が最近これと思うのはあの『0-157』である。これについては新聞記事にあったが、抗生物質の投与が逆にベロ毒素を増やしたというのだから、たとえ『治療』という名前でも逆法はかえって生命の危険となり得るのだ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・・天然痘はイギリスでは、第二次世界戦争の閉幕までに、劇的に減少した。その結果、この病気で死ぬ子どもよりもワクチンで死ぬ子どものほうが多くなった。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

では医学上の成果で天然痘が減少したかというと、天然痘に限らずその他の伝染病の減少に医学が貢献したと言う事実はないのである。医学の宣伝する予防接種や特効薬などが世に出る前に、既に伝染病の猛威は既に下火なり、「消防隊が駆けつけた時には既に火事は終わっていた」のに、「火事を消したのは我々消防隊(医学)の成果である」と誇るようなものであった。それについて次のように書いてある。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・・我々は、医学的な宣伝によって、予防接種を受けない子どもだけが病気にかかると信じさせられている。

・・・なのに、こうした理不尽を改革することは、予防接種に反対する人人の再三の申し立てにもかかわらず、権威者たちによって拒否され続けてきたのである。ショージ・バーナード・ショウは「ネイション」一九二三年二月十日)に寄稿して、予防接種の効果に対して、問題をはぐらかすために、統計がどんなに頻繁に用いられたかを、次のように説明している。「通常の病院では、数人のパスツール主義の予防接種信奉者が、ひどい統計上の作為を行っている。
☆☆☆☆☆☆

とあるように、あたかも予防接種によって伝染病が減少したかのように統計に偽りがあるというのだ。真の事実は『世界の歴史上に猛威を振るった伝染病は、“自然に発生し自然に消滅した”のであって、そこに医学が貢献したという事実は証明出来ないのだ。さらに、貢献どころか逆に大きな害を与えて来たという事実までが浮かび上がって来ているのである。
それを

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・・種痘については、前述したように、医学上の大きな成果の一つとして、天然痘の根絶が挙げられる。けれども、環境条件の向上する中での減少が予防接種に関連があるかどうか、また前例と同様に他の要因が含まれていないかどうかということの疑問が根強く残っている。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

という様に書いてあるのだ。そのことは結核、ジフテリア、腸チフス、ポリオ等など天然痘ばかりではないのだ。

こうして思うことは、医学が伝染病を克服したと言うの事実はなく、自然に発生し自然に鎮火したというのが真相のようだ。それでは伝染病の“予防”などというのは正に夢物語りで、“治療”もお手上げというのが最近の医学情報なのだから、それから将来を予測するとちょっと怖い気もする。

伝染病の大発生は“自然”の行う浄化だとしたらこれからもあり得ることになる。
その条件は整っていると思えるのだ。“条件”とは、我々の体内の汚れである。“汚れ”とは汚れた血液、つまり薬毒によって濁っている血液のこと、毒素の多く混じった体である。

『薬が人類を滅ぼす』とはけっして大袈裟な表現ではないのだ。

いまや病気の原因を細菌やウイルスにもって行って全責任をなすり付けていたのては解決出来ないということに気づき始めたのだ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・・感染源そのものだけではなくて、宿主の健康状態を強調するといった進歩に気づき始めている。

・・そして、これこそが、防衛力――それはどの程度か疑わしいのだが、――を得ようという期待をもって組織内に毒性物質を注入することをできるだけ避けようという、予防医学の中心課題そのものなのである。

・・我々は免疫をつける仕方について考えるとき、もともと身体が防衞組織をもっているということを考えておかなければならない。

・・人類は地球上に現れたとき以来今日に至るまで微生物といっしょに棲み、その防衛機構はさまざまな方法で他を脅かすことから共存することへと関係性を変化させてきたのである。人間の身体には、それがなければ健康が保てないような、そういった微生物がいる。そのような細菌のあるものは腸内に生息しており、それらは棲みかと食物をいただくお礼に、ある種のビタミンの生産や好ましくない細菌のコントロールなどの、有用でしばしば重要なサービスを提供してくれている。この関係は、ホストもゲストもともに利益を得るという、象徴的な共生関係の一つと考えられる。
☆☆☆☆☆☆☆☆

 いま人類は、微生物を“病原菌”として攻撃するのではなく、“共生する”という関係にもって行かなければ、二十一世紀には生きられないという選択の時代に入っているのではないかと思う。

このまま予防接種が正しい批判も無く行われて行くとしたら、それは自分の子孫になる子どもたち孫たちが“地獄”に落ちるのを手助けした事になるかもしれない。それは結果においてであるが。真実を“見て見ぬふりをする”のも警告を“無視する”ことも消極的なが
ら、結果は同罪であろう。


【転載元】
■わたしんちの医学革命:掲示板投稿より「危険な予防接種4」
http://homepage3.nifty.com/himaari/doc50.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]