忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ラジオ番組NutriMedical Report
(Genesis Communication Networkラジオ局)9/18日放送 Hour1

http://www.gcnlive.com/archive.php?program=nutrimedical

のページへ行き、September 18, 2009 ( Hour 1 ) をダウンロードしてお聞きください。(当該部分は、16:41~(16分41秒経過後から)

以下はその発言内容と訳

Dr.True Ott, PhD,ND(Dr.トゥルーオットーのインタビュー)

Dr.トゥルーオットーI’d like to tell people what Ms.Janeck discovered and shared with me. There was a patent that was internationally issued back in 1998 on basically vaccine, literally pet vaccine that’s shot in to your little dogs or cats, and the volume of vaccine depends on the weight of dogs or cats, of course,…. But this vaccine and all the lab-tests produced “permanent”, I would emphasize, “PARMANENT” sterility.(シカゴのMs.Cynthia Janeckという国際特許について調べている専門家が発見したもの)
 皆さんに、Ms.ジャネックが発見し私に教えてくれたことを伝えたいと思います。去る1998年に国際的に発表されたある特許があります。それは基本的には、ペット用のワクチンで、みなさんのかわいい犬や猫たちに、体重に応じて接種するものでした。しかし、このワクチンと実験室でのすべての試験結果をみると、これは、ペットを“永久的に”、みなさんここで私は強調しますが、“永久的に不毛(不妊)にするワクチン”だったのです。
(不毛にする=子どもを産めないようにする。)

Dr.ディーグルRight. そうですね。
.
Dr.トゥルーオットーIt all, kind of, came into focus…really came into focus, Dr.Bill, when I realized that, you know, this vaccine( Novartis’s H1N1 vaccine )is not so much to kill people. It’s to keep them from replicating.
 それを聞いたとき、すべてが私のなかで、一点に集まったのです、Dr.ビル。(Dr.ディーグルのこと)それは、つまり、このワクチン(ノバルティスのH1N1)は、それほど人びとを殺すように作られていませんが、それは、人びとが自分の子孫を残すことを妨げるためのものだ、ということがわかったのです。

Dr.ディーグル: Right. なるほど。

Dr.トゥルーオットーIt sterilize (people). Because, the components of this 1998 patented vaccine(for pet), the components were the protein structures of a swine that they call it ”Po-sine influenza virus” combined with the Kiron patented adjuvant, called,”Patent-9” or “Adjuvant-9”….9….nine……And so when you look at the pull of information of “Adjuvant-9,” …, and you know, I CAN’T tell you whole a lot of difference between THAT and “Adjuvant MF-59” that Novartis said going to be a part of this H1N1 swine-(po-sine) structured, and burned it to the “adjuvant vaccine.”
 それは人びとを不毛にする。なぜなら、この1998年のペット用ワクチンの特許の構成物質を見てみると、それらの中に、豚のたんぱく質構成物=Po-sine と呼んでいますが、これを、カイロン社の特許アジュバント「Patent-9」別名「ajuvant-9」と一緒に使ってあるのです。Patent-9, パテント・ナイン、、、。 (当時から物議をかもしだした物質ということです)。あなたもこの「アジュバンド-9」という特許内容をちょっと調べてみるとわかるわけです。
 つまり、私はそれ「アジュバント-9」とノバルティス社が今回のH1N1ワクチンに使用していると公表している「アジュバントMF-59」の間に、違いを見つけれない、ということを言いたいのです。今回のノバルティス社のワクチンH1N1豚(po-sine)たんぱく質構造とそれをアジュバント・ワクチンの中へ焼き付ける(Burn it to)製法が同じなのです。

 Ladies and Gentlemen, what I’m telling you is that there is NO Difference between this that I could see in 1998 patent for the sterilization of your pets and burn your animals., and human being sterilization….. mostly to this.
 レディース&ジェントルメン(みなさま、)私が言っているのは、私が1998年特許(ペットを不毛にし、動物たちをburnするワクチン)の内容に見るものと、今回の人間のsterilization(スターリライザーション=不毛にすること)(ここではMF-59アジュバントを使った製法)との間に、ほとんど違いがない、と申し上げているのです。

Dr.ディーグル :Right. そうですね。

Dr.トゥルーオットーI’m telling this is the agenda of Clawba Bron(?). The World Heath Organization(WHO) is a poundage of Clauba Bron, “The Powers That Be” in Great Britin, The Powers That Be that has been in charge of the British Commonwealth of Canada, have long advocated “ A Mass Sterilization Program” since the dates of Henry Kissinger’s in White House structure with Nixon, and the Secret Security Memo “SSM-200.”
Now we have Obama in White House, Kissinger and Brezezinski are clearly pulling strings from behind. This is what this vaccine( Novartis’s H1N1 vaccine ) is, ultimately.
And it is clear about it to me as vaccination sterilization.
 これはClauba Bron(人名または組織名?)の懸案事項なのです。世界保健機構(WHO)は、Clauva Bronのパウンデージ(公設機関で、誰かに手数料を払うしくみのこと)です。 イギリスとカナダを裏で操ってきた“権力者たちPowers That Be” は、長い間ずっと、
“Mass Sterilization Program”を擁護してきました。(=大衆をワクチン接種で子どもができないようにするプログラム、実地計画)それはキッシンジャーがニクソン政権時、とホワイト・ハウスのメンバーだったころ以来、ずっと擁護されてきた計画でもあり、政府内部文書、SSM-200のことです。( Secret Security Memo 200)
今はオバマがホワイト・ハウスにいて、キッシンジャーとプレジンスキーが明らかに、影から糸で操っています。これはそういうワクチンなのです、究極的に言うと。
 これが大衆を不毛にするためのワクチンだと推測するには、あまりにも明らかです。

ラジオ放送内容と訳はここまで)

発言内容には、多分に博士個人の主観も入っているように思われますが、トゥルーオットー医師の主張の根拠が明らかにされているので、専門家の方が見たら、どこから調べてよいか、この内容がほんとうかどうか、はっきりするのではないでしょうか?

このMF-59アジュバントの件がわかった以外にも、まだ他のtoxic components(毒性物質)が入っているかも?と疑いはじめました。引き続き情報を集めていきたいと思います。

専門家でないため、私的意見ははさまずに、ラジオ放送の発言と訳を ご紹介するにとどめました<(_ _)>


【転載元】
■ノバルティスのワクチンに 毒性物質“MF-59 アジュバント”「特許名:Adguvant MF-59」 ひとりのちいさな手
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/342.html


■Adguvant MF-59
http://www.whale.to/vaccines/mf59_h.html
MF-59 アジュバント (上記URLを自動翻訳)
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
無題
by KIHIRU URL 2009/10/26 21:30 編集
zackさん、こんばんは~

すみません、勝手に紹介させていただきました。
事後申告ですが、どうか、お許しを。
それにしても、大変、勉強になります。
また、来ます~
    
無題
by zacky URL 2009/10/26 21:49 編集
何を仰いますやらKIHIRUさん。
何ものかに乗っ取られる危険性が高い“組織”ではなくて、
強固な“個々”のネットワークを築き上げて行きましょう。
    
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]