忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たぶん、確実な情報

(1)10/29日、10/31日に、西ウクライナの人々数百人が軽飛行機が何かを空中散布しているのを目撃した。

(2)10/29日の夜から、非常に多くの人が体調を悪くし始めた。

(3)ウクライナ政府は、病気の急な発生に対して空中散布を行ったことを否定、もしくは、ウクライナの上空で空中散布をすることも認めてはいないことを発表した。

(4)10/30日、ウクライナ当局は学校を3週間休校として、公共の集会を禁止した。

(5)医師たちは、病気は肺ペスト、もしくは、出血熱の一種、出血性インフルエンザ、出血性肺炎だと推測している。その病気が何であれ、豚インフルのようには見えない。

(6)WHOが数日間をかけて遺伝子のシーケンスを調べたが、データは公開していない。

(7)WHOはウクライナの隔離を求めていないし、病気がはやっている地域からの出入りを制限してもいない。
これは、メキシコで最初に豚インフルがはやったときと同じで、この態度がウイルスを初期に閉じ込めることを阻害し、結果として世界中に広がることとなった。

(8)症状は、肺の内部の温度がしばしば53度くらいになる。検視によると、肺には血がいっぱいで、黒色となっていて、肺細胞は破壊されている。
初期症状を呈した患者は、48時間以内に発病する。時には、その日に発病することもある。

(9)病気は一日20万人のペースで増えていたが、現時点では10万人となっている。
300万人ひどい症状で、6万人以上が入院していて、重態もしくは非常に悪い状態だ。
病気は高い伝染性があり、少量で発病する。
公式的な死亡の報告は300人であるが、(?)3000人と報道しているメディアもある。

(10)(?)1918年のスペイン風邪と良く似た「cytokine storming」が起こっていると疑っている。

(11)病気はポーランドに広がり、ベラルーシ、ハンガリーなど中央ヨーロッパにも広がっている。

(12)(?)南アフリカのウエブサイトが11月8日に出した記事では、疑わしい航空機が2機、1機はムンバイに強制着陸されられ、もう一機はナイジェリアの戦闘機に強制着陸させられ乗組員が逮捕されたというニュースがあった。
中国人民軍が、インドとナイジェリア情報部にコンタクトをとり、ウクライナで活動していた航空機の存在を尋ねた。中国の高官の中にはH1N1による大量虐殺の計画を信じている人もある。これらの航空機にはケムトレイルをばら撒くための装備が付けられていたという。

■A Tale of Two Stories: The European BioWar outbreak and the censoring of it by the mainstream news media
http://www.infowars.com/a-tale-of-two-stories-the-european-biowar-outbreak-and-the-censoring-of-it-by-the-mainstream-news-media/

印の確実なデータを見ていると、「何故WHOは何も発表しないのかまた隔離命令を出さないのか」とても気になりますね。


【転載元】
■デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報: ウクライナの状況
http://icke.seesaa.net/article/133289850.html


※「ワクチンはいりません!」ブログ内検索 → ウクライナ
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
無題
by ua 2009/11/20 09:06 編集
WHOは検査結果発表してますよ。
それと10/29日の夜から、非常に多くの人が体調を悪くし始めた。これは嘘。もっと前から出ていたけどティモシェンコが自分のために政権で捜査していた。

それと(1)★10/29日、10/31日に、西ウクライナの人々数百人が軽飛行機が何かを空中散布しているのを目撃した。これも目撃者はいません。

まぁ西ウクライナの医療そのもののレベルも低いし親欧米派の地域は貧困地域だからこの手の病気はすぐ蔓延する。途上国だから仕方ないよね。

でも途上国でも富裕層はワクチンも打ってるから重症化にはならない。

あるドイツの医者が話していたけど心配性の人ほど感染症とかにかかりやすいそうです。理由は免疫力が低くなる傾向があるらしいです。
    
無題
by まみりん 2009/11/20 12:01 編集
ua様

新型インフルエンザ感染確認者累計数
www.wel.iwate-u.ac.jp/araki/page7/files/page7_2.pdf

メキシコで発生した豚インフルエンザ お隣のグアテマラでは感染者が非常に少ないです。
現地ではマスクなんてぜんぜんしてないそうですよ。
なぜ?と質問したら「こんなところでウイルス撒き散らしても製薬会社が儲からないから」ですって。
貧国では儲からないから流行らないんでしょうか…
どう思います?
    
無題
by まみりん 2009/11/20 14:50 編集
気になるニュース

全身の血管から出血が止まらなくなる新型インフルエンザ?
北海道でも…

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/influenza/199445.html

【釧路】釧路保健所は11日、釧路市内の小学4年生の男児(10)が新型インフルエンザに感染し、9日夜に死亡したと発表した。新型インフルエンザによる死者は道内3例目で、最年少。国内の死者は、疑いを含め58人となった。

 男児は8日夕方から42度の高熱やせきなどの症状を訴え、9日午前に釧路市内の病院に入院。肺炎の症状も示し、簡易検査でインフルエンザA型陽性と判定された。夕方から血圧低下など容体が悪化し、集中治療室で治療を受けリレンザも処方されたが、午後9時30分ごろ、全身の血管から出血が止まらなくなる播種(はしゅ)性血管内凝固症候群で死亡した。

 11日に行われた道立衛生研究所(札幌)による詳細(PCR)検査の結果、新型インフルエンザ感染を確認した。

 男児には神経疾患の持病があったが、釧路保健所は「病状は安定しており、重症化の原因になった可能性は低い」としている。
    
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]