忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ウクライナ・リヴィウにて-2週前、患者たちがVyacheslav Bonderの集中治療室に現れたとき、彼らの肺は血で飽和しており、かろうじて喘ぐことができるような状態だった。唯一比較することができものがあるとすれば、それは、戦時中の野戦病院である。
 1人の患者をベンチレータにセットしたとたん、2人めと3人目が戸口に現れていた。そのころ、病院は、肺炎患者の波を受け止めるスペースを設けるため、区画の清掃を始めており、人々は大挙して薬局に行き、手に取るものは何でも買いあさっていた。
 政府が街に、リヴィウを浄化するため(より過激なバージョンでは、キャリアを抹殺するため)化学薬品を撒くよう命令を発したとの噂が広まっていた。
 始まったと同時にパニックが起こったが、WHOは金曜日、ウクライナでこれまで全国で265人、リヴィウで87人が死亡したが、他の国より統計的にはひどいものではないと発表した。
 しかしここで起こったことは、ヨーロッパ、特に、旧ソビエトの脆弱な医療システムを持つ国々の専門家に対し、流行に対し備えるよう注意を掻き立てることとなった。
「これは驚くべきことではありません。これが来る事は何ヶ月も前に分かっていました。」と当局の伝染病の専門家のトップ、マーサ博士は述べた。
「懸命に取り組んできましたが、しばしば戦略は、最初の敵との接触において、そのまま使い続けられるものではありません。その場で多くのものを変える必要がありました。」
最悪の医療危機は過去のものとなったが、ウクライナの西部地域の多くのものが、それに至った謎を解こうとしている。医師たちは、ニュースメディアと政治家たちが恐怖を広げ、誤った情報を流したと責めている。
 10月12日と19日に非定型肺炎による最初の死亡が報じられた。テルノーピリとリヴィウは、連邦の疫学部門が、ウイルスが存在することをラボで確認せずに行動を起こすことを拒否し、2週間近くも重要な処置を遅らせてしまったことを非難している。
 他のものたちは、もう少し遠い原因を指摘している。ソビエト連邦崩壊後の20年で、ウクライナの医療システムは絶望的な不足をきたしている。
 リヴィウにおいて、上級医師たちは、1500hryvnas、およそ184ドルの月給を稼いでいるが、あまりに低いために多くの医師は現場を離れ、西ヨーロッパでホーム・ヘルス・エイドとして働いている。
 医療は公式には無料にもかかわらず、患者は一般的に、X線撮影と同程度の大きいサービスには多額の、血液検査やシーツの交換と同程度のものには小額の現金賄賂を支払っている。
 ウクライナでは、家庭での治療に大きく依存しており、それは、10月の第3週と第4週に市民がやったことだが、ニンニクとレモンに頼り、病院に入るまで長く待ち続けていたために多くのものは治療の限界を超えてしまっていた。
「医療はウクライナでは未発達であり、人々はそれを信用していないのです。まったく悪循環です。」とリヴィウの市長直属組織のトップのOleh Berezuk医師は述べた。
「成熟した国では、病気になったとしても、”誰も私を救えない”などとは言いません」
 現在リヴィウの主要な呼吸器系の病院の医師たちは、彼らの病院は湿っていて点火するこはできなく(怖いウイルスに対するある医師のジョーク)、人口呼吸器はソビエト時代の年代ものであるにもかかわらず、危機を乗り越え、ひとときの上機嫌を過ごしている。
 2週前、医師たちは医療ミステリを見ているようだった。彼らが通常目にする、酔っ払いや中毒患者ではなく、健康な若者が肺に炎症をおこし、肝臓も似たような状態となっていた。
 Bonder博士は、肺炎を治療する通常のプロトコルが、まったく役に立たないという、まるで感覚が麻痺してしまったような状態を思い起こしている。「仕事場に入って、次に時計を見たときには真夜中になっていました。次にどうなるのか考えることもできませんでした」
 看護婦や医師は、異常な率で病気に罹った。ひとつの理由は手袋と殺菌剤が不足していたためである。リヴィウの地域医療のアシスタントディレクタのIrinaMykychakは、およそ3500人の医療専門家が病気に罹ったと述べた。そのうち300人が入院し、4人が死亡している。
 医師たちがH1N1ではないかと疑った時には、医師は八方ふさがりの状態におちいっていた。政府は、年内に想定した発生に備えタミフルを備蓄していたが、薬物は地域に1つある伝染病ステーションでのみ利用可能であり、H1N1と証明された患者だけが利用できた。
 証明を得るためには、サンプルがキエフに送付されることが必要であり、3から4日のプロセスを必要としたと Lyubomir Rak(病院のディレクタ)は述べた。
 Nadia Rudnitskaya(呼吸器系のチーフ)は注意深く検体を一緒にまとめていた。
 10月27日、彼女は32歳の男を調べた-ウクライナの西部の4つの地域での一連の4人の死亡例の最新のものである-彼女は、それは、”起こってはならないこと”とし、彼女はサンプルを集め、キエフに緊急事態を訴えた。
 すぐに混雑はなくなった。
 翌日政府は隔離を命じ、タミフルの備蓄をリリースした。1日たってユリア首相はテレビで、流行に入ったことを発表し、ウクライナ全土はH1N1について話を始めた。
「最初は謎でしたが、答えはあったのです。いくつかの事例では、あまりに遅すぎたのです。」
 Marta と Nazar Martinは彼らの母親の Galina43歳が、10月23日に病院に入院する前。咳が浅くなり悪化しても喘ぎながら働いていたという。ある歯科医は、いつもやっていたように、自分自身を静脈内抗生物質と風邪薬で治療していた。
「誰も流行など知りませんでした」とMarta。「職場でもテレビでも 何も言っていなかったわ」
 病院も答えを提供できなかった。医師は、最初、気管支炎用の抗生物質を処方し、それから髄膜炎と脳炎を見つけるため検査を施し、脳腫瘍を除去するため、MRIにかけた。処方をするたびに子供たちはお金を工面して、薬局を探すために出かけていった。
「貧しい人は死ぬしかありません。払うまでは、治療を始めませんから」とMarta。
 10月29日、H1N1に関する情報が地域に溢れたときになって初めて、医師と看護婦はマスクをつけて現れたとNazar。彼は疑わしげに、それを見つめていた。彼の母親は半分死んだようなものだったため、治療を断ってしまったとNazar。
 母親が死んだ後、翌日になって、彼女の体からのサンプルは豚インフルの検査のために持って行かれた。子供たちは35000hryvna(4,300ドル)を払ったものと思われる。
 豚インフルについて様々なことを聞かされるにつれ、彼らは怒り始めている。
「どうして、その前に対策を取らなかったのですか」とNazar Martin(19歳) 「彼らが何を考えていたのか知りたい。」彼らは人が死に始めてから、真剣に取り組み始めている。そのときには既に死亡統計は上がり始めてしまっている。
 医療当局についてNazzarは「始まる前、彼らはどこにいたっていうの。これは良心の問題だと思う。彼らは防ぐために何かをすべきだった」と語った。



元記事

http://www.nytimes.com/2009/11/14/world/europe/14flu.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]