忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

WHOは最近、2件のオセルタミビル耐性ウイルスの集団感染の報告を受けた。
英国ウェールズと、米国ノースカロライナで検出されたクラスタは両方とも、病院の一区画において発生し、患者たちは両方のケース共、免疫システムに障害があるか抑制が行われていた。患者から患者への耐性ウイルスの伝染が疑われている。
免疫に欠陥があるか抑制されている患者で、薬物耐性ウイルスが発生することは予想外のものではなく、季節性インフルエンザにおいても記録がある。
そのような患者においては、抗ウイルス薬により治療を行っても、長期に渡ってウイルスの複製が行われ、薬物耐性ウイルスが選ばれる環境を作ってしまう。この現象はH1N1においても観測されている。
報告を受け、WHOは2つの発生について議論するため、当局、病院のスタッフ、臨床医学、疫学、ウイルス学の専門家からなる電話会議を行った。
特に注意が払われた点は、免疫に障害がある患者がパンデミックウイルスに感染した場合に、最良の治療オプションを与えることだった。
(発生について)
10月末に発生したウェールズの例では、8人の患者が関係していた。これらの患者全員が、重度の血液疾患で入院していた。死亡者はいない。3人はまだ入院中で1人は集中治療を受けている。
米国では、4人の重度の免疫に問題を抱えた患者たちの間で、10月中旬から11月初旬の2週間で発生した。4人のうち3人が死亡しているが、これらの死に対しH1N1の感染がどの程度関与していたかは不明である。
タミフル耐性株全て、同じH275Yの変異であり、オセルタミビルに耐性を示したが、ザナミビルには反応していた。
(進行中の調査について)
区域内での伝染のモードを確認し、病院内のスタッフや他の患者、あるいは、より広い地域で耐性ウイルスが広がっていないことを確認するため調査が続けれらている。現時点においては問題はない。
これらの患者の世話をしているスタッフに病気は検出されておらず、耐性ウイルスは特に良好な感染管理処置が取られている場所では、健康な人には容易に広がらないようである。 (ブログ注※耐性がついただけなら他の「パンデミック」ウィルスとやらも同じ事。繋がることで、人-人感染が非常に起きにくく、地域の局所感染ばかりでウィルスは局所ばら撒きではないかという懸念がある)
また、さらなる監視の結果、2つの病院での他の区画や、広範囲な地域に対して感染は広がっていない。
(推薦する治療法の修正)
専門家たちは、重度の免疫障害を抱える患者は、特に脆弱なグループと考える必要があるとした。これらの患者は感染に影響を受けやすく、特に治療が困難であり、特に薬物耐性を引き起こしがちである。
インフルエンザの初期の徴候は、基礎疾患の障害と関連した症状や、治療によって隠されてしまうため、専門家たちは、医師はそのような患者に対して、インフルエンザ感染の疑いをもって治療を行うべきであり、
特にオセルタミビル耐性に対して用心深くならなければならないとした。
これらの患者に対し、標準的なオセルタミビルの投与量と治療期間は十分ではない。臨床的判断は重要であるが、急性病の期間中、投与量を増やし(ブログ注※タミフルには致死量があり、それは少量です)、間断なく治療を続ける必要があると思われる。
オセルタミビルの治療にもかかわらすインフルエンザ疾患が続く場合は、治療の選択肢としてザナミビルを考慮すべきである。
一旦、オセルタミビルの耐性ウイルスが重度の免疫障害の患者を治療する区画で検出された場合、医師は治療の選択肢として抗ウイルス薬をザナミビルに切り換えるべきである。
専門家はまた、患者と接触する医療従事者、介護者、家族はワクチンを接種することを推奨すると強調した。
(注意深い監視が必要)
WHOは、オセルタミビル耐性ウイルスが拡大していないか、ウイルスの伝染性や病原性の変化がないか注意深く監視することを推奨する。
季節性インフルエンザでの経験から、耐性ウイルスは、一般集団において急激に拡大し、確立し、1つあるいはそれ以上の抗ウイルス薬の効果を無くしてしまう可能性があることが分かっている。
WHOは7月にオセルタミビルの耐性ウイルスの報告を初めて受け取った。これまでのところオセルタミビル耐性の事例は、地理的に分散し、散発的でお互い関連性はない。
事例は世界のインフルエンザの活動の増加、抗ウイルス薬の使用の増加と平行して着実に増えている、
過去2週間内で、オセルタミビル耐性の報告事例は57件から96件にまで増加した。その3分の1は、免疫系が、血液がん、がん治療のための積極的化学療法、移植後の治療によって抑止された患者において発生している。
2つの病院区で発生したクラスタは、これら全体的な傾向のコンテキストにおいて見る必要がある。オセミタミビル耐性の事例は、全て調査に値するが、現在までの事例では公衆衛生上の脅威となるような証拠はない。


元記事- - - - - - - - - - -
http://www.who.int/csr/disease/swineflu/notes/briefing_20091202/en/index.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]