忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

豚インフルエンザ予防接種を受ける子供は、高熱を出す恐れがあるため今後、1回の摂取量を半分にすることになる。政府は、これまで、Pandemixワクチンを3週間を隔てて、2回0.25ml接種するよう推奨していた。
しかし、ヨーロッパの薬物監視機関から2回目の接種の際に最高38度の発熱が生じるという警告があり、政府は今後、10歳以下の子供には0.25mlを1回接種するよう推奨する。
大人と、年長の子供の半分の量となるが、免疫は十分に得られる。免疫を抑制された子供には2回の0.25ml接種を続けることとする。
更新された安全に関する推奨は、政府の豚インフルエンザ予防接種プログラムの第2波の開始後、数日たってから明らかにされた。
そのプログラムでは6ヵ月から5歳までの300万人の子供に予防接種を行う。-このグループは病院での治療を最も必要とするリスクの高いグループとされている
一方、MHRA(薬剤と医療関連製品の規制機関)は、Pandemixワクチンを受けた後、4人が死亡したと報じた。全員が重度の基礎疾患を持ち、死とワクチンとの関連性は無いとのこと。
1人の赤ん坊が、母親がワクチンを接種してから3週間後に子宮内で死亡し、5人の女性が流産したが、事件は「偶然の一致」とされている。また1人が、ギランバレー症候群に罹り麻痺状態となった。
MHRAは1506例の腫れ、吐き気、インフルエンザ様の症状などマイナーなPandemixワクチンの副反応の報告を受けている。
接種量の変更を推奨した「予防接種と免疫の共同委員会」は、子供がワクチン接種後に発熱した場合にはパラセタモール(アセトアミノフェン)を与えても良いとした。保健省は依然としてワクチンは安全であると述べた。


元記事- - - - - - - - - - -
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1235444/Children-just-half-dose-swine-flu-vaccine.html
(※ワクチンが安全だとしてもー長期的には非常に危険であるがー保健省が危険だ。そういう視点が今否応なしに必要になってきている。「クライメート・ゲート」「9.11内部犯行」、そして金まみれのWHO)
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]