忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 詳細な情報は明らかにされていないが、当局によると、ワクチンよりも重度の基礎疾患が死亡原因である可能性が高いとのこと。
予防接種プログラムの監視の一つとして、薬物監査機関には1300件以上の副反応と疑われる事例が報告されており、死亡例はその内の1つである。
妊婦に関係する副反応と疑われる事例は9件報告されている。ワクチン接種を受けたのは5ヶ月から7ヶ月の時期であり、全例とも副反応の影響があったのは母親に対してのみであり、重度のものではないと監査機関は述べている。
大部分のレポートはCelvapan(バクスタ)より広く使われているPandemrix(グラクソ・スミス・クライン)に関するものであり、主として卵アレルギーによるものである。
 薬物と医療製品規制機関のレポートでは、ワクチンを受けた人の大多数は、重度もしくは慢性の病を患っており、数ヶ月の間に彼らは、基礎疾患が悪化したり場合によっては死亡する可能性があることを強調していた。
報告書には「こういった反応はワクチン接種後すぐに発生しており、その結果、副反応と疑われ記録されます。重要なことは、この時間的な関連性そのものが、ワクチンがその反応の原因であることを意味するのではなく、偶然の一致である可能性があるということを心に留めておく必要があります。」と書かれていた。 (ブログ注※ワクチンとの関連性を目の前にして報告される多くが「可能性」で関連性を否定する。これに氣付いてますか?)
先月のThe Lancetでのあるレポートによれば、純粋に偶然の一致として、予防接種を受けてから6週以内に起こる死亡者数を算出していた。専門家によると、仮に1000万人が予防接種を受けると6人が死亡するだろうとのこと。
また、そのレポートでは、100万人の妊婦が予防接種を受けた場合、397人が偶然の一致として、予防接種後1日以内に自然流産すると予測していた。
現在、900万人以上の人が予防接種の優先グループとされ、長期の重度の病気の患者と妊婦が含まれている。
今週、優先グループが完了すると予防接種プログラムは6ヶ月から5歳までの300万人の健康な子供たちまで広げられる。
MHRAの報告によると、11月12日までに、11歳から16歳までの子供で25の副反応と疑われる事例があったが、深刻なものではないという。2人の子供が発作を起こしており、1人は、関節炎と診断されている。ワクチンとの関連性は確認されていない。
MHRAの報告によれば、副反応の大部分は、注射箇所の痛みや膨張、吐き気や嘔吐、筋肉痛と頭痛であり、予想されていたものであるとのこと。
レポートは、深刻な安全性にかかわる問題は確認されておらず、利益と危険性のバランスは、プラスが維持さていると結論付けた。
WHOは今週、6500万回分のワクチンが接種されたと述べ、ワクチン研究責任者のMarie-Paul Kieny博士によると、他のワクチンと比べても安全性のプロフィールに差異はないという。
世界で30件の死亡例が報告されているが、ワクチンが原因であると確認されておらず、12のギランバレー症候群の事例が報告されているが、全員が回復したと述べた。


元記事

http://www.telegraph.co.uk/health/healthnews/6615053/Swine-flu-first-death-reported-following-vaccine.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]