忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワクチン有害事象報告システム(VAERS)への3783件のレポートの分析により、豚インフルエンザワクチン接種100万回あたり82件の副反応があったとのこと。 (ブログ注※「と計算できる」)
季節性インフルエンザワクチンでは100万回あたり47件であった。
「しかしながら、H1N1と季節性インフルエンザワクチンの間で比率や重度の副反応のタイプに大きな違いは見られなかった。」とCDCのMorbidity and Mortality Weekly Reportでは報告されている。
別のVaccine Safety Datalink (VSD)のレポートではワクチンを接種した438376人の間で副反応の増加はなかった。

VAERS分析からの調査結果のサマリ
・H1N1ワクチン接種後に13人の死亡が報告されている。その内9人に明らかな基礎疾患があった。1人は交通事故死である。他の3人については調査が行われている。
・ギランバレー症候群が10例(他に疑い例が2例)報告されている。12例の内4例は、GBSのBrighton Collaboration基準を満たしているが、4例が満たしておらず、他の4例は調査中である。
CDCのフリーデン長官は、H1N1のワクチン接種が、GBSが8倍に増加したことに関連付けられた1976年の繰り返というような事態からは今年は”程遠い”と述べた。
・アナフィラキシー反応は11例(他に疑い例が8例)あった。
・他に173件の重度の副反応について調査中である。

同封のメモによれば、MMWRの編集者たちは、VAERS解析は、任意のレポートに頼っており必然的な関係が確立していないことから過小報告しがちであることを含め、限界があることを述べている。
またVSDは、GBSのようなまれにしか起こらない副反応のわずかな増加を検知できるほどの接種数を対象としていないと述べている。


(※この手の記事はワクチン批判へのガス抜きでしょう。)
元記事- - - - - - - - - - - - -
http://www.medpagetoday.com/InfectiousDisease/URItheFlu/17332
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]