忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 WHOは金曜日、新型H1N1インフルエンザは季節性と”著しく異なって”おり、より若い世代を、時に素早く死に至らしめると述べた。
今週ワシントンで開かれたWHO主催の会議において、7ヶ月の間実施された調査をレビューした結果、ウイルスは概ね"mild”だが、少数の不運な者に、異常で深刻な症状を引き起こすことがあることが示された。
 「そのような事例を経験した参加者たちは、重症例の臨床像が、季節性インフルエンザの流行時に見られるパターンと著しく異なっていいることを認めています」とWHOの進藤 奈邦子博士は会議で述べた。
これとは別に、金曜日、米国疾病管理予防センターのアン・シュケット博士は、86人の米国の子供が豚インフルで死亡したと述べた。
また、それは、通常ならばインフルエンザの重症化を回避できている5歳から17歳までの年代のグループが最も多い。
「ひどいケースでは。発症後およそ3日から5日で悪化し始めます。悪化は急速であり、多くの患者は24時間以内に呼吸不全となり、集中治療をすぐにに受ける必要があります」と進藤博士は述べた。
そのような患者は、すぐに人口呼吸器を付ける必要があるが、この治療法によって救われないケースもあると進藤は述べた。
一部地域で、緊急治療室が、多くが救命医療を必要とする患者であふれてしまうケースもあると彼女は述べた。
良いニュースとして、抗ウイルス薬タミフルやリレンザでの早期治療が、治療におおいに役立っていると述べた。
通常インフルエンザは上気道の病気であり、鼻と喉に影響があるが、H1N1は、より深く肺の中まで到達する。
進藤は「このウイルスは実際、下気道を好むようです。このことはウイルスが季節性と比較してウイルス性肺炎を引き起こしやすいことを意味します」と述べた。
ウィニペグ(マニトバ)のセントボニファチオ病院のアナンドクマール博士は「ある場所では全都市の利用可能なICUの50%が、H1N1患者で満杯となりました。基本的にわれわれの能力の最大限を使っていました。」と述べた。
進藤は、WHOは豚インフルで重症化する危険因子が何であるのか突き止めるのに苦労していると述べた。
「現状、極度の肥満が正確にどう影響しているのか、ほとんど分かっていませんが、極度の肥満は、重症あるいは致命的なケースにおいて多くの部分を占めています。肥満は過去のパンデミックや季節性インフルエンザにおいて危険因子だとは認識されていませんでした


(注※ つまり、インフルとは関係ないかもしれませんね。この記事は”ショック&パニック→解決策<タミフルなど>”という大衆操作を狙った構成の典型例です。憶えておいて下さい)
元記事

http://www.reuters.com/article/healthNews/idUSTRE59F54620091016
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]