忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

主席医務官によると21世紀最初のパンデミックは、専門家が恐れていたほど致命的なものではなく、死亡者は感染者10万人あたり、わずか26人だったという。
しかし、死亡者の3分の1は、現時点での予防接種戦略の対象となっていない健康な人だった。
リーアム・ドナルドソン卿は公開文書で予防接種を、現在よりも広範囲な国民を対象にする必要があると述べた
イングランドでは、7月のパンデミック宣言から推定54万人が感染しており、インフルエンザが原因と確定した死亡者は138人となっている。
子供と若者への影響が懸念されたが、特に死亡率が高かったのは、先のパンデミック同様、高齢者のグループだった。65歳以上は、おそらく過去に他のH1N1ウイルスに暴露された結果、感染しにくいが、感染した場合には最もリスクが高くなる
BMJにオンライン文書で発表された文献によると、若年層の死亡者数は(5歳以下が9人、14歳以下が20人、15歳から20歳までが17人)と低くなっている。
文献は「1918-19年のパンデミックは若い健康な成人が最も高い死亡率を示したことで特徴づけられている。
現時点の解析ではそのエビデンスは見られないが、推定死亡率は20世紀のインフルエンザのパンデミックのそれに比べれば好ましいものとなっている。」と報じている。
1918-19年のパンデミックの死亡率は2-3%であり、それ以降の1957-58年、1967-68年の率は0.2%だった。現在の致死率は0.026%である。
文献によると、これには多くの理由があるという。過去の推計は、今日ほど正確なものではなく、インフルエンザ以外のウイルスによって死亡した者がいる。食物、住居や医療が改善したことにより、生存に関して現在とは状況が異なっている。
現代の集中治療は大きな要因となっている。「人工呼吸器を含む緊急治療が利用できなかったら英国ではもっと多数の患者が死亡していた可能性がある」と文献は述べている。
死亡者の3分の2は、年齢や健康上の問題により、予防接種を受ける資格のある者だった。しかし3分の1は予防接種の対象者ではなかった。
文献によると「調査結果から、リスクの大きいグループを優先させる予防接種戦略は妥当であることがわかる。また死亡者には優先グループ外の少数グループが存在しており、より広い範囲での予防接種は、考慮するに値する」という。
死亡者のほとんど(78%)が抗ウイルス薬(主にタミフル)を与えられていたが、症状が現れてから48時間以内に投与されたものは、わずか4分の1に過ぎなかった。 


元記事- - - - - - - - - -
http://www.guardian.co.uk/world/2009/dec/10/swine-flu-pandemic-less-lethal
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]