忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 (抜粋)
CDCによるとパンデミックH1N1は、米国中に感染を拡大し、保健スタッフは懸命に、10月初旬に予定されているワクチンの配布を準備しており、市民は最初の山場に向け、備えなければならないという。
CDC長官Tom Friedenは、プレスのリポータたちに、保健スタッフと製造会社は、学生が戻ったことにより勢力を増し、急激に拡大し続けるインフルエンザの感染スピードを遅らせるため、
ワクチンを間に合わせようと必死になっており、市民は、配布の初期に想定される諸問題に備えなければならないと語った。

CDCは4500万から5000万回分のワクチンが10月中旬までに利用可能となり、続く1週毎に2千万回分が、12月には、1億9千5百万回分が利用可能になると予測している。
Frieden「今後数週間は忙しくなり、試練が待ち受けていることでしょう」
良い知らせとして、依然、ウイルスは変異しておらず、まだ中程度の病であり、主に、5歳から24歳までの子供と若い成人が影響を受けているとのこと。
「しかし、インフルエンザは遊び事ではありません。2、3日は寝込むことになります」とFrieden。インフルエンザは重症になる可能性があり、ある者は死亡する。
連邦は、インフルエンザの活動を監視しているが、インフルエンザのシーズンが早くピークを迎え、秋冬に下がるのか、あるいは季節性が、通常通り流行するのか不明であると述べた。
インフルエンザ様疾患で医師を訪問する率は、5週間の間、上がり続けており、国のベースラインをかなり上回っている。
肺炎とインフルエンザによる死亡率は、季節性のベースラインを上回ったままだが、大流行の閾値は超えてはいない。

(注※ 当たり前のことを強調しているので、下線を引いておきました)
元記事

http://www.cidrap.umn.edu/cidrap/content/influenza/swineflu/news/sep2509season.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]