忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 H1N1は6歳から24歳の年代が最も影響を受けやすいとされており、それは大学生の大半が含まれているが、健康保険に入ることを見合わせているケースが多い。
多くの若い成人の保健未加入の問題は、マイアミの大学卒業生が、H1N1の合併症で死亡したことから、今週、注目されることになった。元ルームメートによれば、彼女は健康保険がなかったため治療を先延ばしにしたという。
マイアミ州は学生全員に健康保険に加入するよう命じている。が、全部の大学で、実際行われているわかけではなく、学生に加入を命じている大学でさえ怪しい。
 デイトン大は、保険に入るよう学生に要求しているが、7千人の学生の内7%が年726ドルの費用で大学を通じて加入している。他の多くの学生は、親、仕事、配偶者を通じて補填されている。
デイトン大には、"soft-waiver(柔軟な放棄)"というポリシーがあり、別ソースで保険があると、単に言うだけで大学の保険プランに参加しなくてもよくなる。
マイアミ大は対照的に"hard-waiver(難しい放棄)"があり、別ソースがあることを記した宣誓供述書を提出させられる
マイアミ大は774ドルかかる保険に10%が加入している。
ライト州立大学はキャンパス内に在住している学生(米国人2800人+外国籍632人)には要求しているが、それ以外の18800人には要求しておらず、実際保険を受けているのか追跡もしていない。
保険がなくても、デイトン大やライト州立大は、大学のヘルケアセンタで見てもらえるかも知れない
セントラル州立大学では、既存の保険の有無に関わらず自動的に782ドルの保険に登録される
デイトンは1人が確認、セントラルはなし、ライトは7人の学生の疑い例があったが、誰もH1N1とは確認されなかった。

関連記事
http://edition.cnn.com/2009/HEALTH/09/18/deaths.health.insurance/
保険未加入が関係した死亡者が、1年で推計4万5千人(ある医師が行った推計)


(注※ この記事を見て分かるとおりアメリカは民主主義ではなく、銀行や証券会社のファシズムがまかり通ってしまっています。この記事が書かれたのも、保険会社の利益のためでしょう。ロン・ポール下院議員の兄が語ったところによると、1933年アメリカが破産した際、連邦準備銀行(民間の寄せ集め銀行)は政府に社会保険制度<1936年>を担保にさせることでアメリカを存続させた。アメリカは現在まで破産した状態のままの国だということです<Alex Jones『The Obama Deception』>)
元記事

http://www.daytondailynews.com/news/dayton-news/lack-of-health-insurance-among-college-students-a-concern-in-flu-season-318042.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]