忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Oct. 10, 2009: Demonstrators in
 ロングアイランド中の医療従事者たちが、土曜日、ニューヨーク州の強制的なワクチン接種の命令に抗議し、サフォーク郡の保健管理部の芝生に集結した。ドライバたちが支持を示す警笛を鳴らす中、60を数える集団が静かに話し合っていた。
 多くの医療施設から来た抗議者たちは、金曜日にもMineolaで似たような集会を行っていた。
特定の医療従事者-病院や他の職場にいる-は、季節性と豚インフルのワクチンを受けなければ仕事を失う危険性がある。
デモ参加者は豚インフルワクチンは安全ではないと主張している。
抗議者の多くは、彼らの市民権の侵害、選択をする権利の喪失を感じ、怒っているのだと言う。団体は集会で、小さな政府を求めるパンフレットを配っていた。
「私は免疫化に反対しているのではありません。両方(季節性と豚インフルワクチン)を強制することに反対しているのです。」と BrookhavenMemorial Hospitalメディカルセンタで働く看護婦のVickieThompson。Thompsonは仕事を失っても構わないと言う。
セント・チャールズのJohn T. Mather Memorial Hospitalの看護婦のFrank Manninoは、実験動物のネズミの大きなポスタを掲げ、それと同じ役割が医療従事者に課せられているのだと訴えた。
Mannino「私はワクチン接種を受けたことがありませんし、今それを始めるつもりはありません」
論争の的になっている、8月に承認された規則により、ニューヨークは豚インフルワクチン接種を命じる唯一の州となった。
しかし他の州も似たような方法を考えており、全米病院組合も20の州の183000人の従業員に両方の接種をするよう要求している。
ニューハイドパークのロングアイランドJewish Medical CenterのBob Grimmettは、医療従事者は一般的な予防措置の訓練を受けており、感染を避ける方法はわかっていると述べた。
人工肺を扱う医師のGrimmettは、おそらくワクチンを受けるだろうが、「わたしは市民権を守るためにここにいるのです」と付け加えた。
州全体で40から50%の医療従事者が自発的に予防接種を利用している。しかし予防措置を取っているにも関わらず、毎年およそ150の組織的な流行が発生している。連邦当局は先週、41年間このようなインフルエンザシーズンは起こったことがなかったと述べた。
それでもある抗議者はパンデミックは幻想だと書いたプラカードを掲げた。ワクチンは神経学的障害を引き起こすと言う者もいる。

8月13日:州のHospital Review and Planning会議は、医療従事者に毎年インフルエンザワクチンを受けるよう義務付ける規則を採用した。特定の医学的条件を満たす者に適用される。
誰に:病院、外来患者クリニック、在宅医療のスタッフ
免除:入院患者を扱わない個人経営の医者は含まれない。重症、脆弱な患者と接触する者(救急治療やICUで働く者)を優先させるためと保健当局は述べている。



元記事

http://www.newsday.com/news/health/health-care-workers-protest-flu-vaccination-order-1.1516776
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]