忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ニューヨークの医療従事者は木曜日、全米の大規模な豚インフルワクチン接種プログラムを停止するよう法的な措置をとった。ワクチンは適切な試験がされていないという。
グループの弁護士は、十分に安全性と有効性を検査することなくH1N1ワクチンを急いで市民に提供したとして、ワシントン連邦裁判所に一時的な停止命令をするよう訴えを起こした。
 ジム・ターナ弁護士は「H1N1のワクチンはどれも適切な試験がされていません」とAFPに語った。
木曜に提出された訴状によると、ワクチンは豚インフルの大規模流行を防ぐには程遠く、生きている、弱体化された鼻スプレーワクチンはH1N1のパンデミックを引きおこすトリガになる得るという。
「インフルエンザの生ワクチンなど他にはありません。すぐに不活性ワクチンにはない新しい問題を抱えることになります。FDAは新薬の法律下でワクチンの安全性と有効性を示す適切な試験をしていません。
「テストデータというのは、どこかの医学校の教授が、一部の学生を感染させ、”なにも問題はありませんでした”と言うようなものではないのです。
「テストというのは、FDA規則に従って、注意深く管理されたdouble-blind、偽薬制御による治験のことであり、投薬の状態を見るための一連の全ての試験..その後、FDAの科学者によるレビューが行われるものです」
「そういったことが、このワクチンに対してはおこなわれていません。法はそれが行われることを要求していると、我々は言っているのです」
訴訟は、ニューヨークで医師、看護婦、他の医療従事者のために起こされた。ニューヨークでは医療従事者が、H1N1のワクチン接種をするよう要求されている。
もしその訴えが認められれば、全国的なH1N1のロールアウトを止めることになるだろうとターナ弁護士は述べた。ターナ弁護士は公衆衛生当局を豚インフルの流行を誇大宣伝したとして非難している。
「当局は豚インフルエンザウイルスが普通のウイルスに酷似していて、普通のウイルスにマイナーな変化があったものにすぎず、特別な新薬のテストの必要はないと言っている。」
「もしそれが本当とするなら、我々はこう言いましょう。世界的な脅威があるとした、これに関する誇大宣伝すべてが見当違いであり、彼らは、ニューヨーク州に、もし単なる1つのインフルエンザであれば決してとることのない衝動的行動をとらせたと。」
鼻スプレーワクチンの製造を行っているMedImmuneの代表カレン・ランカスタは、AFPに対し、会社は2003年から市場に、季節性インフルエンザの生ワクチンを提供してきたと述べた。


元記事

http://www.physorg.com/news174847447.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]