忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(長文のため、要点のみ)
・9月末に出された優先リストによると、キーカテゴリは、集中治療、新生児、小児科。その次に医師、救急要員、医療、準医療、補助看護スタッフである。
・一般国民に対しては11月5日に開始される。その際、3ヶ月以上に妊娠期間をもつものは優先され、政府はアジュバンドの影響に関する調査が完了していないとし、妊婦にはアジュバンドなしのワクチンが与えられる
・その後、赤ん坊、幼児、基礎疾患のある者と続き、危険因子のない成人が最後となる。
・自分の順番がいつ来るかについては、手紙によって知らされる。が、予防接種は義務ではない。1080カ所の予防接種センタのどれかで接種を受ける。季節性も並行して受ける機会がある。
・最初につかわれるワクチンはグラクソ・スミスクライン(GSK 英国)製である。このワクチンは2回接種されるタイプである。後にGSKのワクチンは1回接種が認められることになると期待されている。
・病院スタッフの予防接種は、保健当局により”公務”とされているが、予防接種に疑念を抱くものは多い
・パリの医療倫理学教授は、予防接種を拒絶する医療スタッフは、もっと深く根ざした不満の現れかもしれないと考えている。
 「ワクチンが必要であるというメッセージを普及させようとしている公権力に対して、抵抗を示そうとしているかのようです」
・病院での状況は、一般的なフランス国民の態度にも現れている。60から65%のフランス人はワクチンに懐疑的であり、H1N1の危険性が誇張されていると感じており、ほとんど人前でマスクを付けるものはいない。

(注※ ワクチンの危険性は倫理学とは関係ない問題です。思い込みや不満ではなく「明確な危機感」があるはずです。もちろん全ての人がそうではないでしょうが)
元記事

http://www.fleshandstone.net/healthandsciencenews/1658.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]