忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 米国ニュース

カナダ人の研究者によると、季節性インフルエンザワクチンを昨年接種した者が、H1N1により感染しやすいとの調査結果(まだ出版されていない)があるという。米国とWHOは、別の場所での類似した調査結果はないと述べた。
 カナダの報道機関は、ブリティッシュコロンビア、ケベック、オンタリオでの一連の調査から、昨年、季節性インフルエンザを
受けた人は、H1N1に感染した者が2倍近くいたと報じた。この発見により、カナダの保健官僚たちは、この秋のワクチンキャンペーンを遅らせたり、減らしたり、キャンセルしたりしようとしている。
著者は論文を雑誌に渡しているため、データや分析方法の詳細は公開されておらず、議論ができない状態である。しかし、カナダの多くの保健官僚にはデータに関し、伝え聞いているようである。
WHOのMarie-Paule Kieny博士によると、WHOはこの件について調査中であり、調査のための専門家チームを集めているとのこと。
Kieny博士「他の国での調査では、それらの国でのデータを見る限り、そういった結果は見うけられません」
Kieny博士は、調査結果は、真実であるか、バイアスのかかった調査の結果によるものか、方法論的な問題があるかのいずれかだろう、また、彼女の季節性インフルエンザに関わってきた長年の経験からは、こういったタイプの問題が起こような調査結果は見たことがないと述べた。
米国CDCは、米国には、これに類似した調査結果はないと答え、季節性とH1N1のワクチンを、できる限り早く接種することが有利に働くと確信していると述べた。
メディアによると英国とオーストラリアの研究者も、カナダで発見されたような現象は見たことがないと述べたという。
専門家の一人は、別の場所での確証が欠如していることに対し「レッドフラグ」であると述べた。
メディアによると、(論文を共著した)Skowronskiは方法論的な問題を明らかにするため、ピアレビューによる綿密な調査が必要であることを認めている。



元記事

http://www.cidrap.umn.edu/cidrap/content/influenza/swineflu/news/sep2409canada.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]