忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

疾病診断に画期的転機…新型インフルエンザも数時間内に診断
 ソウル大学校(総長イ・ジャンム)化学部のナム・ジャマン教授チームと大徳所在の韓国化学研究院(院長オ・ホンスン)化学素材研究団のソ・ヨンドク博士研究チームは共同研究を通じて遺伝子塩基配列分析など広範囲に使用が可能な「単一分子検出感度ナノラマン」新技術を開発したと12月14日に発表した。
 この技術は既存のナノ粒子合成およびラマン検知法に新たな方向を提示するものとの評価を受けており、化学素材分野で世界有数の権威誌である『Nature Materials』誌のオンライン版に速報として掲載された。オンライン版の速報論文は学術的重要性を考慮、毎月3~4編だけが採択される。

 今回開発された技術が今後、臨床研究を経て実用化されれば新型インフルエンザ、肝炎、AIDSなどの伝染性疾病の診断所要時間を数時間以内に短縮させ、より正確な診断に活用できる。また人体内部で起きる病理学的現象をカラー動画のように見ることのできる分子化学的ナノイメージングにも使用できる。

 従来の単分子検知法は調節が不可能なナノ構造を基盤にしていたため再現性と定量性に問題があり実用化の障害となっていた。しかし今回共同研究チームは単一のDNA検知により合成されたナノアレイ構造をもとにこうした問題点を解決した。

 また今回の技術は現在広く使用されている最も正確なDNA検知法である重合酵素連鎖反応(PCR)と似ているが、より優れたレベルにあることが実験の結果わかった。疾病を迅速、簡便かつ正確にスクリーニングして診断できる新たな研究結果として注目される。

 現在は10アトモル(ある物質の粒子が1mlの中に600個程度存在する密度)レベルの検出精度や診断が可能なレベル。今回の研究が応用され臨床研究を経れば従来に比べて100万倍以上検出および診断能力が優れた疾病診断法を開発できる。現在、新型インフルエンザの診断に3日ほどかかるが今回の研究結果を利用すればより速く正確な診断が可能になる見通し。

 ソ・ヨンドク博士は「今回の研究により再現的かつ定量的に分子一つから出るナノラマン信号を検出できるようになった。今後のラマンとナノ分野の問題解決の端緒となるだろう。画期的な検出感度を利用して体外診断、体内イメージング、ナノ光センサーなどへの応用も期待できる」と話している。

 今回の研究は教育科学技術省、知識経済省、環境省など政府事業の共同支援を受けて進められた。


元記事- - - - - - - - - -
http://www.hellodd.com/japan/news/news_view.asp?t=dd_jp_news&menu=&mark=2247
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]