忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/10/23 22:39   【共同通信】

 厚生労働省は23日、新型インフルエンザワクチンの接種を受けた医療従事者について、接種を始めた19日からの4日間で32人の副作用報告があったと発表した。うち呼吸困難などの重い副作用は6人。症状はじんましんなど季節性ワクチンと同様で、いずれも快方に向かっているか回復しているという。
 全体の32人中16人には、気管支ぜんそくや食べ物、薬など何らかのアレルギーがあった。このため厚労省は「アレルギーのある人には適切な準備をし、接種後30分は病院に待機させ、健康状態を確認してほしい」と呼び掛けている。
 厚労省は国立病院機構の医療従事者2万2112人を対象にワクチンの安全性を調査しているが、32人のうち7人がこの中に含まれる。うち4人は両脚の筋肉痛や嘔吐、激しい動悸や意識低下などの重い副作用だった。
 4千万~5千万人が接種を受けたとみられる昨年度の季節性ワクチンの副作用報告121人に比べると報告の割合が高いが、厚労省は「入念に反応を見ている部分があり、単純に比較できない。最初の1週間は比較的安全に接種できたのではないか」としている。
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102301000927.html
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/386.html

PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
無題
by ちょここ URL 2009/10/24 11:13 編集
基礎疾患のない健康な人も、ワクチン接種によって呼吸困難や激しい動悸や意識低下などで死にかけたということですね。

「両脚の筋肉痛」というのはギランバレー症候群に似ていますね。1976年の豚インフルの時、豚インフルでは死者1名だったのに、ワクチン接種でギランバレー症候群を発症して死亡した人が続出しました。
    
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
千葉県 新型インフルエンザワクチン
URL 2009/10/24 00:03
薬の副作用救済制度、医師「知っている」3分の1‎7 時間前‎今月から接種が始まった新型インフルエンザワクチンで副作用があれば、現時点では同制度の対象となる。このため厚生労働省は制度を周知し、医療関係者に対しては患者から副作用の
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]