忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 日本が輸入を予定している英系製薬会社「グラクソ・スミスクライン(GSK)」の新型インフルエンザワクチンで、通常よりも高率で重い副作用が確認されたことを受けて、長妻昭厚生労働相は24日、GSKだけでなく、もうひとつの輸入元であるスイス系製薬会社「ノバルティス」のワクチンについても安全性を確認するため、スイスで接種が開始された後、現地に調査団を派遣することを明らかにした。
 同日の閣議後会見で明らかにした。ノバルティス製のワクチンは11月にスイスやドイツで製造販売の承認がされているが、まだ接種は始まっていない。長妻厚労相は
「おそらくスイスの方が(接種開始は)早いのではないか。安全第一で情報収集を徹底したい」と述べた。

 GSKのワクチンをめぐっては、10月から使用を始めたカナダで重い副作用が通常よりも高い確率で確認され、カナダ政府が17万回分の使用を取りやめた。原因は不明で、厚労省は12月上旬までに調査団を派遣する準備を進めている。厚労省は12月から来年1月にかけてGSK製3700万人分とノバルティス製1250万人分(いずれも2回接種)を、手続きを簡略化した「特例承認」で輸入する方針を決めている


(※「ガス抜き」ってやつですか?)
元記事

http://sankei.jp.msn.com/life/body/091124/bdy0911241128002-n1.htm
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]