忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 持病のある人などを対象にした新型インフルエンザの予防接種が9日から京都府内でも始まりましたが、供給されるワクチンの量が足りないため、接種の順番を「くじ引き」で決める病院も出ています。
京都市伏見区の「桃仁会病院」では、併設する診療所をあわせると、腎臓病の患者およそ700人が人工透析を受けています。
このうちアレルギーの人などを除く550人余りが、新型インフルエンザの予防接種を希望していますが、今回供給されるのは10分の1にも満たない52人分にとどまっています。
病院では、年齢や透析を受けている期間、それに、ほかの病気の有無などで優先順位を付けられないか検討しましたが、医学的に決め手となる方法はなく、やむをえず「くじ引き」で順番を決めることにしました。
9日は透析に訪れた患者が看護師から説明を受けたあと、番号が書かれたくじを引いていきました。番号には、あらかじめコンピューターで無作為に順番が割りふられていて、患者たちは順番に従って接種を受けることになります。
患者の女性は「くじ引きはしかたがないが、遅くてもいつごろには受けられるという見込みがわからず、不安だ」と話していました。岩元則幸院長は「これほど供給が少ないとは思わなかった。早く患者全員に行き渡るよう、行政はワクチンの供給に全力をあげてほしい」と話しています。


(※この記事から陰謀の意図を汲み取ってください。彼らはあなたがたに何が何でもワクチンを打たせたいのです。)
元記事 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013663201000.html
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
無題
by zack URL 2009/11/10 19:09 編集
くじ引き…

一見、公平で平和そうに聞こえますが、正気の沙汰じゃありませんね。

この先、強毒性のインフルが流行し更にワクチン不足を煽られたときに、
くじ引きから“奪い合い”、更には“殺し合い”といった
映画や漫画のような展開になるような国が出てこないことを願います。
    
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]