忍者ブログ
ワクチンはいりません。ミラーサイト2(kiri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 厚生労働省は28日、医療従事者に対する新型インフルエンザワクチンの接種で、
ショック症状(アナフィラキシー)や肝機能障害などの重い副作用(副反応)が、新たに
4件報告されたと発表した。
 19日の接種開始以来、重い副作用の報告は、これで計10件。調査中の1件を除き、
いずれの症状もほぼ回復しているという。同省は「現段階で副作用頻度が高いとは
言えない」としている。

 10件のうち、新たな4件を含む6件は、推定約85万人への接種の中で発生した。
重い副作用の発生率は約0・0007%となった。季節性ワクチンの約0・0003%より
高いが(※???)、同省が医療機関に積極的な報告を求めているため、報告率が高くなっている 可能性もある。

 押谷仁・東北大教授(ウイルス学)は「季節性ワクチンに比べ著しく副反応が強いということはなさそうだ。妊婦や小児などに接種した場合にどうなるか、監視する必要がある」と話している。

(2009年10月28日22時54分 読売新聞)


元記事

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091028-OYT1T01269.htm
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
この記事へのトラックバック
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
英語が攻めてくる
最新コメント
[01/07 kiri]
[01/06 zack]
[01/05 NONAME]
[01/03 オキクルミ]
[12/30 アキクルミ]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ninja kiri
性別:
非公開
バーコード
忍者カウンター
Copyright ©  -- ワクチンは毒に御座ろう --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by White Board

忍者ブログ  /  [PR]